>  >  > 井上真央の独立騒動の背後に“家族”の影!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

井上真央

,

吉沢ひかる

,

芸能人

0728kinsennkurui_01.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 芸能人は人気が出れば一躍時の人となり、収入も大きくアップする。これは喜ばしい状況ではあるが、家族に恵まれないと人生を大きく狂わされることもあるという。

「人気に火が点いた芸能人は年収額が数千万円単位、さらにCMを何本も抱えれば億単位にも上ります。20歳前後の芸能人が一般人の生涯賃金をたった1年で稼いでしまうこともある。でも、それによって、売れた芸能人の父親や母親の金銭感覚が狂ってしまうことがあるんです」(プロダクション関係者)

 芸能人ではなく親の金銭感覚が狂うとは、どういうことなのか。

「芸能人本人は事務所がきちんと教育して、いきなり大金が手に入っても金銭感覚がおかしくならないように努めています。未成年の場合には親御さんに収入を渡して、本人にはお小遣い程度を渡すという方法もあります。そのため、本人がおかしくなることは稀ですが、いきなり大金を手にすることになった親は相当ヤバいですよ。それまで年収500万円だったお父さんの手元に急に億単位のお金が毎年入ってきたりするわけですから、そこで一気に感覚がおかしくなるんです」(同)

 たしかに一般的な年収額の人が、急に億単位の収入を得るとなると、まるで宝くじに当たったような状況だ。金銭感覚が狂うのもわかる気がする。

「もちろん、ウハウハになるのはいいんですが、それによって欲がさらに出てきて、子ども、つまりその芸能人の人生さえ狂わせてしまうことがあるので事務所としても警戒しているんです」(同)

 芸能人本人の人生が狂うとは、どういうことか。

「親の中には金銭感覚が狂って仕事を辞めてしまい、豪遊してしまう人も多いです。もちろん、それは家族の問題なので他人がとやかく言うことじゃないんですが、そういう生活をしていると強欲になっていくため、徐々に事務所に対してもいろいろと口を出し始めるんです。たとえば、『うちの娘は頑張っているのに、事務所が5割も持っていくのは納得ができない』などと、取り分を上げろと交渉したり、さらにもっと面倒なパターンでは『俺がマネージャーになる』などと独立をチラつかせる親もいます」(同)

 金銭欲が強くなり、事務所との交渉にまで乗り出してくるとは随分威勢がいいが、これによって芸能人本人が迷惑を被るという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。