>  > 【リオ五輪】会場の海に浮かぶ死体がヤバすぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 8月5日~8月21日にかけてブラジルのリオデジャネイロで開催される第31回夏季オリンピックまで残り1週間。南米初のオリンピックということもあり当初は大きな注目を浴びていたが、ジカ熱や治安の悪さから出場を辞退する選手が続出するなど、現在は悪評の方が目立つ印象だ。そして、様々な悪評の中でも最悪だとされるのが、リオの水質汚染だ。

rio_03.jpg
画像は「Daily Mail」より引用
rio_09.jpg
画像は「Daily Mail」より引用
rio_08.jpg
画像は「International Business Times」より引用


■感染率99%の「スーパーバクテリア」

 7月28日付の英紙「Daily Mail」によると、水中競技に出場する選手は「決して水中で口を開けないように」と注意が呼びかけられているという。リオの海にいったい何が起きているのだろうか?

rio_10.jpg
画像は「CNN」より引用

 セーリングやマラソンスイミングで使用される予定のグアナバラ湾とコパカバーナ・ビーチの汚染は想像を絶するほど深刻だと現地の専門家が警鐘を鳴らしている。ダニエル・ベッカー医師は、「選手たちは、文字通り人糞の中で泳ぐことになります。汚染された水から感染症にかかる危険性は甚大です」と、その危険性を伝えている。競技予定地の海には70%あまりもの生活排水が未処理のまま流入しているため、洗剤類から排泄物にいたるまでありとあらゆるゴミの中で選手らは競技を行うことになりそうだ。

rio_11.jpg
画像は「CNN」より引用

 さらに、ブラジル政府が公式に発表した水質調査によると、リオの海には「スーパーバクテリア」が潜んでいるとのこと。このバクテリアは薬剤耐性を持った微生物で、アメリカ疾病管理予防センターの試算によると、感染による致死率は50%を超えるそうだ。感染すると泌尿器から肺にかけて重篤な感染症を引き起こし、髄膜炎を併発することもあるという。ブラジルでは毎年数万人が「スーパーバクテリア」に起因する感染症により死亡。イパネマ・ビーチやレブロン・ビーチといった観光客に人気のスポットでさえ遊泳には覚悟が必要だといわれている。スプーン3杯分の水でウィルスに感染する確率は99%との調査もあることから、選手だけでなく世界中から集まる観戦客にも注意が呼びかけられている。

コメント

5:匿名2016年7月30日 22:20 | 返信

魚の画像は湖で人の画像は川だけどね

4:匿名2016年7月30日 04:53 | 返信

もうオリンピック開催地はアメリカだけでやったらどうか。
世界的な不況でどこの国も大変すぎる。

3:匿名2016年7月30日 03:17 | 返信

日本に変なウイルスや病原菌や麻薬を持ち入れないで欲しい。マスクと消毒は持ち歩こう。どの国の人間が何の菌を持ってるかわからないから。

日本の選手たちは身体には気をつけて頑張れ。

本当なら、そんな不衛生で汚い国なんかに行かせるべきじゃないはずだ。

2:匿名2016年7月30日 01:41 | 返信

こんなとこでやるなんて頭おかしいだろ。辞退しない選手もどうかしてるわ。

1:匿名2016年7月29日 22:24 | 返信

そもそもこんなこと調査すればわかるのになぜ開催地に決定したわけ?と思う。おかしいよね、工事も全然間に合ってないし、念願のオリンピックを辞退するほどの環境なのに。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。