>  >  > テレビ業界内でエロハプニングに遭遇できる仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

エロ

,

マイク

,

吉沢ひかる

,

着替え

TVstaff.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 テレビ業界といえば華やかなイメージがある一方で、厳しい現実と向き合わなければならない職業が多い。しかし、中にはいろんな意味で“おいしい思い”ができることもあるはずだ。そんな職業を関係者に聞いて回った。

「権力があるプロデューサーが“おいしい”思いをできるのは当然ですが、それ以外だと音声さんが“おいしい”と思いますね。実際、現役の音声さんからも、たまにそういった話を聞きますし」(テレビ番組スタッフ)

 音声さんと言えば文字通り、番組にまつわる音響に関する仕事だが、どこが“おいしい”のか。

「音声のアシスタントをしているような若いスタッフは、タレントにワイヤレスピンマイクをつけるのも仕事なんです。ワイヤレスピンマイクには送信機とマイクをつなぐコードがあるんですけど、それを画面に見えないように服の内側を通すわけです。そのときに、女性タレントの場合には間近でいろいろ拝めるわけです」(同)

 想像してみると、たしかに“おいしい”気がする。現役の音声マンにも話を聞いてみた。見えちゃうことはあるのか。

0518gyoukaijn_01.jpg
※イメージ画像:『テレビでは流せない芸能界のヤバい話』

「ほぼ毎日見ていますよ。谷間だけしか見えないこともありますが、下着が見えることもあります。また、場合によっては中身すらも見える場合があります。さらに言えばケーブルを通すときに触れてしまうこともあります。毎日のことなので今はいちいち気にしていませんが、最初のころは楽しかったですね。だけど今でも、好きな女優やアイドルの場合には率先してつけにいきますけど」(音声スタッフ)

 このような状況にタレント側は気づいていないのだろうか。

「気づいていますよ。ただ、仕事場なので何も言わないだけです。こちらもあからさまに見たりはしません。でも、人によってはマネージャーやスタイリストがつけることも多いですね」(同)

 音声スタッフと言えば地味なイメージがあったが、そのような楽しみがあるようだ。そして、もうひとつおいしい出来事に遭遇できる職業を聞いた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。