>  > 奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

90后

,

リンチ

,

奇習

,

戸叶和男

,

日本奇習紀行

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方

0603harituke_01.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 2000年代前半頃から、中国ではいわゆる『90后(ジューリンホウ)』と呼ばれる1990年以降に生まれた世代の少年少女たちが引き起こす事件や騒動が相次ぎ、日本における“ゆとり世代”のような扱われ方をした時期があった。そうした『90后』がしばしば世の中を騒がせるネタといえば、アングラ系動画サイトなどでもすっかりおなじみの「全裸にして殴る蹴る」という暴行事件やイジメ行為だ。しかし、こうした「裸にする」という私刑は、なにも中国にだけ存在しているわけではない。


「みんなの前で全裸になるっていうのは、もう恥ずかしさと恐怖で死にたくなるものだと思いますよ。ましてや加害者だけじゃなくて、被害者もそういう目に遭っちゃうんですから」


 自身がかつて目撃したという、そのおぞましい光景についてそう語るのは、現在、東京の国分寺市に住むという元団体職員・山木清三さん(仮名・78)。彼は自身の生まれ育った山梨県のとある地方にかつて実在したという、その羞恥まみれの私刑について、次のように証言する。


「…私の暮らしていた地域ではね、男女の色恋や痴情に絡んだ行為をね、厳しく罰する習慣があったんです。なにせ小さな集落ですから、そういう問題が起きると集落全体がおかしくなっちゃう。そういうのを防ぐ上での“戒め”みたいなものだったのかもしれないですね」


 山木さんの話によると、その集落で「刑罰」の対象となるのは、浮気や不倫といった不貞や行為、さらには覗きや強姦といった性犯罪で、そうした罪を犯したことが発覚すると、村長によるヒアリングが即座に行われ、その末に、問答無用で「刑」が実行されるのだという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?