>  >  > 【心霊写真】霊能力者が教える「本当の開運術と守護霊と大地震」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

大地震

,

心霊

,

心霊写真

,

開運

,

霊能者

 北海道七飯町の男児置き去り事件で「見当違いのところを探している」と発言して的中させた霊能力者の山崎かずみ氏。前編ではその事件の真相や、2014年にも当てた「倉敷女児行方不明事件」について話を聞いた。後編では、山崎氏が教えるスピリチュアル&オカルト、そして霊の存在について話を聞く!

DSC_2342000.jpg
山崎氏


―― 芸能人を鑑定することもあるのでしょうか?

山崎 (無言)


―― どのような方が相談によく来るのですか?

山崎 占い師さんがけっこう来ます。占い師ってストレスがたまるから。それと、「あなたばっかり目立って。なんで私のところにはお客さんや取材が来ないの!?」などという文句を言いに来るだけの人も(笑)。


■未来が見えることについて

――それは迷惑ですね。ところで、ご自分のことは“見ます”か?

山崎 移動に関する未来だけは見ます。北海道出張のときに1回だけ遅刻したことがあるんです。飛行機が飛ばない未来が見えたので、窓口の人にそう言ったら「そうなってからにしてくださいね」と、まるで相手にしてくれない。そうこうしているうちに不審がられたのか、警備員が来たのであきらめました。ですが、結果として飛行機のオイル漏れが発覚。2時間半の余裕を見て出発したのに、30分遅刻してしまいました。


――そもそも、未来はどのように見えるのでしょうか?

山崎 私の場合は、有名霊能者であるK先生のように声が聞こえるわけではありません。医者にも外科、内科などがあるように、霊能力者にも得意分野があるのです。私は、ビジョンで見える能力があります。

 私は不遇な家に生まれたので、こういう“見える能力”がないと生きていけなかったんです。たとえば、英語がしゃべれない人でも3カ月英語圏の国に放り込まれたら、なんとなくしゃべれるようになるじゃないですか。私もそういう環境にいたということです。いじめられっ子でもあったので「この道を行くといじめっ子に会いそう」という予知能力も授かりました。

 あと、私の運転免許はゴールドなのですが、これは取り締まり場所がわかるからです。ですが、親切心でほかの人に言ってもたまに外すこともあります。外すと怒られるので、いらんことは言わんようにしました。


――地震予知はできますか?

山崎 日本では1年に2000回も地震があるんです。火山のプレートの上に日本がある以上、地震は避けられません。どの地震を当てればよろしいでしょう(笑)。


――首都直下型地震ですとか。

山崎  東京って運がいい人が多いじゃないですか。これだけ運がいい人が集まっている都市は世界でも珍しい。東京に豪邸を建てる大企業の社長がゴロゴロいますよね。そんな人たちが、いずれ大地震に見舞われる可能性のある街に住みますか? 首都直下型のようなものは、私が生きているうちくらいは起きないでしょうね。

関連キーワード

コメント

1:匿名@cW9AoiDbGQw2FxL2016年8月 4日 23:31 | 返信

信濃町の伏魔殿学会本部はいつ壊滅し、原田稔、ダニガワ、八尋、長谷川、秋谷、佐藤浩、竹岡、の屑ドモは何時くたばりますか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。