>  > 美女アサシンとネクロフィリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 不謹慎な物言いだが、殺し屋が妖艶な美女だとしたら、なんとなくほくそ笑んでしまう。おそらく、アクション映画やドラマの影響だろうが、美人に冷血はつきものなのだ。だが、そのクールビューティーが男を始末したあと、その死体と交わり、あげくの果てに血まで飲み干すとしたら、笑みを浮かべている場合ではないだろう。

mexicanhitwoman1.JPG
news.com.au」の記事より

■服役中の女アサシンが衝撃の告白

 英紙「Daily Mail」(7月14日付)によると、メキシコ出身のファナ、またの名をラ・ペケ(幼き者)と名乗る28歳の女性は、服役先であるアメリカ・カルフォルニア州のバジャ刑務所において、とんでもない告白をしたという。

 その前に、まずは彼女の生い立ちから。メキシコ・シティー近郊のヒダルゴで生まれたラ・ペケは、本人いわく「子どものころから、ずっとワルだったわ。で、ドラッグのジャンキーになって、アル中にもなったわけ」ということらしい。

 そして、気がつけば15歳で20歳以上も年上の男の子どもを身ごもってしまうことに。乳飲み子を抱えて路頭に迷ったラ・ペケは、そのまま売春婦になった。彼女はストリートに立っていた間、実に多くの恐ろしい光景を目にしたと話す。

「こん棒でブチのめされて、頭をパックリやられた男とか見たことあるわ。アタシは悲しくて、怖くて、でも、『あんなふうに犬死するのだけはまっぴら!』って誓ったのよ」(ラ・ペケ)


コメント

1:匿名2016年8月 3日 12:11 | 返信

てか死んでもボッキするの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。