>  >  > 人間は1つの光子まで視えていることが判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

ポケモンGO

,

光子

,

吉井いつき

,

幽霊

――科学分野だけではなく、オカルト・不思議分野にも造詣が深い理学博士X氏が、世の中の仰天最新生物ニュースに答えるシリーズ

 人間の眼はたった一つの光子を検知できる。そんな驚くべき研究結果が出たと『Scientific American』が報じた。1940年代の実験により、人間が5〜7個の光子を検出できることは既に知られていたが、たった一個の光子を検知できることが証明されたのは初めてだ。


■光子を「感じる」

photon_03.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 今回、オーストリアの分子病理学研究所の研究者らは、単一の光子を発生させる光源を使って実験を行った。実験の内容は次のようなものだ。三人の被験者はまず40分間暗闇の中に座って眼を慣らす。その後、光源発生装置を見つめてボタンを押すと、被験者の眼には光子一個を含む光刺激か光子を含まない光刺激が与えられる。被験者は光子を含んでいたか、いなかったかを確信の度合いと共に答えた。結果、被験者らは光子を含む光源を偶然より高い確率で識別していた。この論文は7月19日付けの『Nature Communications』に掲載された。

 光子は被験者らの眼にどのように見えていたのだろうか。答えは「見えていない」だ。「見える」というより「感じる」というものだったらしい。眼に照射された光子の90%以上は網膜にある視細胞まで届かない。届いたとしても、たった一つの視細胞が興奮するだけなので、ノイズとして処理されてしまう可能性が高い。
 しかし、それでも被験者らは何かを「感じて」いた。彼らは単なる偶然とはいえない精度で光子を検知していたのだ

 光子を「感じる」とはどういうことなのだろう? 光子は本当に見えないのだろうか。生物学に詳しい理学博士X氏に尋ねてみた。

「本来ならノイズとして処理されて無視される微弱な信号ですが、実際に何かが見える人がいるという可能性は否定できません。何かを感じたということは、脳がその微弱な刺激に反応したということです。感覚には個体差がありますから、今回の被験者にはいませんでしたが、もしかするとごく弱い光として認知できる人もいるかもしれません

 仮説ですがと前置きし、別の物として見える可能性もあるのではないか、とX氏は言った。

数個の光子が本来はそこにない『何か』として認知される可能性はあると思います。一般的に幻覚といわれているようなものです。例えば、幽霊や妖怪が見えるというのも、一部はこれで説明がつくかもしれません

 科学的に証明されてはいないが、幽霊を見てしまう血筋というのはあるようで、大抵は母から子に受け継がれるといわれる。視細胞の遺伝子はX染色体に存在するので、母系の影響が強い。これは霊能力の遺伝でよくいわれていることと一致する。

関連キーワード

コメント

4:匿名2017年12月 3日 03:59 | 返信

>>1
違うよ

3:匿名2016年8月 2日 18:34 | 返信

光子を含まない光刺激って何?

2:匿名2016年8月 2日 17:14 | 返信

みつこ?

1:匿名2016年8月 2日 16:48 | 返信

麻薬による「幻覚」も、あるいは光子を見ている可能性があるわけですね。

他人が作った「幻覚」を見る:ポケモンGO

麻薬(自分)が作った「幻覚」を見る:麻薬使用者

幽霊という(自他何方が作ったかはわからないが)「幻覚」を見る:霊視者

全て「幻覚」、光子を見ている、という。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。