>  >  > 人間花火になって感電死した男=ブラジル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1607_Shock_1.jpg
画像は、「LiveLeak」より

 4年に一度のスポーツの祭典、オリンピックがブラジルのリオで現地時間の今月5日から開催される。南米初のオリンピックということもあり、現地はオリンピックムード一色かと思いきや、そうでもないようだ。

 今年3月、ブラジル全土で約300万人が参加したといわれる歴史的な反大統領デモが起こった。理由は、蔓延する汚職や経済低迷によるもの。ジルマ・ルセフ大統領および与党には、国営石油会社も絡む大規模な贈収賄疑惑がかけられていた。

 そして5月11日、ブラジル議会上院でおよそ20時間におよぶ審議の結果、賛成多数でルセフ大統領は弾劾裁判にかけられることが決まり、最長180日間の職務停止が決定した。なお、ルセフ大統領はオリンピックの開会式には出席せず、開会宣言などは副大統領のテメル氏が行う予定だという。

 停職中の現在も大統領への抗議活動は続いており、同国北東部のセルジッペ州アラカジュでは、7月25日にもデモが行われた。しかし、アツくなりすぎたのか1人の男が電柱に登り、感電死してしまうという事故が発生。その様子が、先月26日に動画共有サイト「LiveLeak」にアップされた。

 電柱に取りつけられた低圧ヒューズ箱のようなものに乗っかった男は、上半身裸でTシャツを振り回すパフォーマンスに及んでいる。しかし、演説とともに興奮が抑えきれなくなったのか、電柱を登りだしたところ、盛大な火花とともに彼は電柱から落下して動かなくなってしまう。非常に気の毒だが、自業自得というべきかもしれない。

 ブラジルで連日続けられるデモには、警察官による抗議デモも含まれている。7月、リオデジャネイロの空港では警察官と消防士が「WELCOME TO HELL」(地獄へようこそ)と書かれた横断幕を掲げ、給与の未払いに抗議。その横断幕には「警察と消防士に給料が支払われていない。リオに来る人は安全ではない」との文字も書かれていた。世界中から観光客が集結する中、果たして無事にオリンピックは開催されるのだろうか。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?