>  >  > 3,700年前の18歳少女の顔に驚愕=英

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 今から数千年前の古代を生きた祖先について、私たちはなかなか身近に感じることができない。その理由のひとつには、写真はもちろん絵画さえ残されていないため、(たとえ理屈ではわかっていたとしても)彼らがこの世に存在していたという事実をリアルに感じ取ることができない面もあるだろう。

 しかし今回、約3,700年前のイギリスに暮らしていた少女の顔が、出土した頭蓋骨をもとに復元され、その風貌が「あまりにも親しみやすい」として話題になっている。何はともあれ、まずは青銅器時代を生きたイギリス人少女(18歳)の顔をご覧いただこう。


■3,700年前のイギリス人少女は、こんな顔だった!

Ava.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 真っ青な瞳と、ウェーブしたブロンド、そして横広の鼻と大きめの顎――心なしか、ベルギーの女子プロテニス選手として活躍したキム・クライシュテルスを彷彿させる、実に親しみやすい顔立ちではないか。現代の基準からすると、“絶世の美女”とまではいかないかもしれないが、どこかで出会えそうな親近感に満ちている。

 7月29日付のイギリス公共放送「BBC」によると、少女の頭蓋骨は1987年にスコットランド北東部ハイランド地方のケイスネスで発見された。出土した遺跡の名称「Achavanich」を短縮したAva(エヴァ)と名づけられた少女は、推定年齢18~22歳。当時この地方に定住していたビーカー族だと考えられている。

Ava_2.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 岩をくりぬいた穴に収められていたエヴァの頭蓋骨は、下顎部分が失われていたが、上顎には歯も残されており、状態は極めて良好。全体的に不自然なほど丸く、ところどころに凹凸がある奇妙な形は、当時の頭蓋変形の風習によるものだという。

コメント

3:匿名2016年8月 3日 13:30 | 返信

え?これCG?

2:匿名2016年8月 3日 03:53 | 返信

硬い食べ物もよく嚙み砕きそう

1:匿名2016年8月 3日 01:30 | 返信

温厚そう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。