>  >  > 茨城で相次ぐ地震は平成版「関東大震災」の前兆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
daishinsai.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 先月27日深夜、茨城県北部を震源とするM5.4、最大震度5弱の地震が起きた。同県では先月17日と20日にもM5クラスの内陸地震が発生。1カ月の間にM5クラスの内陸地震が3回も起きたことになる。気象庁は、27日の地震について「2011年の東日本大震災の余震と考えられる」との公式見解を発表したが、本当に余震で終わるものなのか? 実は、一連の地震が「首都直下地震の前触れ」ではないかと主張する地震学者もいるのだ。今回は、その可能性について検討することにしたい。


■茨城県周辺で地震が起きると超ヤバい!

 気象庁が発表した余震説に対し、ネット上では「本当に単なる余震なのか?」「もっと大規模な地震の前兆ではないか?」といった声が多数上がっているが、地震学者からも同様の指摘があるとすれば、これは無視できないだろう。

 そもそも、政府機関が算出した首都直下地震の発生確率は、M7程度の場合、「30年以内に約70%」という非常に高い確率になっている。元東京大学名誉教授・溝上恵氏(故人)は、関東圏の大地震について「茨城県沖での大型地震は、首都圏直下大地震の引き金となる可能性がある」と常日頃から警告していた。溝上氏は、その仮説をいくつかの論文で主張していたが、その要旨は以下のようなものだ。

1. 茨城県沖では約20年ごとにM7クラスの地震が起きている
2. この地震は茨城県南部の地震と連動する
3. 前記の2つの地震がプレートに影響し、南関東直下地震を誘発する

(週刊朝日 2011年4月29日号


■関東大震災と不気味なシンクロ

 1923年9月1日に、10万人の死者を出した大正関東大震災(大正関東地震、M7.9~8.1)が発生したが、この地震の前兆として、1921年5~6月に茨城県沖でM6~7.3の地震が6回も起きていた(要旨1に該当)。では、現在はどうかというと、まだここ数年はM7級の大きな地震は茨城県沖で発生していない。ところが、現在進行形で多発しているのは、茨城県沖ではなく内陸の地震だ(要旨2に該当)。この2カ月を見ると、茨城県内陸部ではM5クラスの地震が以下の通り計4回起きている。

コメント

1:嶋田正廣2017年8月 6日 13:58 | 返信

サンフランシスコの地震研究と比較して、首都直下地震は?

 NHK 地球ドラマチック・サンフランシスコ『地震に強い街の秘密』のビデオ映像を見て、アメリカでも震源域の音の収集で地震の前兆現象の把握を試みている事を知りました。
 ビデオの内容解説と私嶋田正廣の地震予知システムの内容解説を比較して、私見・地震予知に何が必要かを述べてみます。

 サンフランシスコから南300キロの場所で、サッカーコート一面程度の広さの微細地震集中多発地域がパークフィールドに有り、サンアンドレス断層の地下岩盤まで長さ3㎞の穴を掘り、地表から1㎞下の穴の壁に高感度マイクを固定して音の収集を、地球物理学の調査班やアンディスナイダー氏が実行し、地震の予兆をつかもうとしています。
 そこから聞こえてくるのは、地震発生直前に聞こえる特徴的な音のパターンとして唸り声のような音(低周波音)で、岩が動くような音を捕らえています。
断層内部で発生した音を聞きながら一本の波型で表しています。ピンポイントでの高度な技術だと感じましたが、サンフランシスコ周辺の地震計測機器などを含め世界最大の地震監視ネットワークで、地震を早期探知する狙いがあるとの説明でした。

 世界最大の地震ネットワークが必要なのは東京だと確信します。サンフランシスコの高層ビル群は1989年のマグニチュード7.1の地震を経験していますが、東京の高層ビル群はマグニチュード7程度の直下型地震を経験していません。サンフランシスコと比較して鉄道網の多さは比較に成りません、人口も首都圏では非常に多いです、被災した時の経済損失も遥かに多額になります、首都圏での地震予知に、政府は必要経費を掛けるのが義務だと思います。

上記のサンフランシスコの取り組みと比較して、地下断層の振動音・音量で地震予知を実現出来ると考える私の見解を述べます。
 パークフィールドで使用している高性能マイクでは音量(デシベル)と周波数(ヘルツ)の表示が有りません。リオンの低周波音計測機を使用するとヘルツとデシベルが同時に波線グラフで表示でき、音圧・ボリュウムのピークが目視できます、地震発生タイミングの予知が容易に判断できます。本格的に地震予知の必要な日本では高性能マイクではなく低周波音計を使用すべきです。

 パークフィールドではピンポイントで高性能マイクによる音の収集に成功していましたが、首都圏では伊豆半島から茨城までの首都圏に広範囲に低周波音計測機を設置すべきです。低周波振動音が異常に増大・デシベル数のアップが計測出来た範囲の広さで地震発生の規模と範囲が確定できます。デシベル数の高さで地震の強さや発生時期の早まりも推測できるので、音量計測・デシベル表示を抜きで地震予知は不可能です。音量計測が実行され、動物の宏観異常現象で地震発生前に逃げ出す状況が、同時に起きた時には認定されると考えています。巨大な音量の不可聴低周波振動音(25ヘルツ以下)を聞いて動物は逃げ出します。小さな音量(小地震)では異常行動は起こしません。

 サンフランシスコでの音の収集を見ますと、固体が圧力を受け続ける時に変形し、振動音を発して、音量のピークで個体が持つ最高音量の振動音を発して破壊される原理が適用できます。岩盤が音を出して少しずれています、詳細な音を収集していますが、日本では現実的な地震予知として、ここまで詳細な音は求めなくても、大規模地震の予知に特化して地表面に少しの穴を掘り、人工音や自然音をノイズとして排除すべきだと思います、大規模音量・デシベルの収集に特化すべきだと考えます。

 小中学生レベルで地震予知を説明しますと、薄板も地下の断層も個体としては同じで、板がメキメキと音を出して最後にバキッと割れる様に、板がメキメキと音を出す時と、計測機で異常な増音を記録する時が同じで、大規模地震の予兆把握、最後にバキッと鳴る時に地震が起きます、周波数(ヘルツ)と音量(デシベル)を計測表示すると地震発生タイミングが予知できます。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。