>  >  > 脳の詳細な地図、新たに100領域が発見される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

地図

,

神経

,

科学

,

,

高夏五道

 20世紀に入ってからの飛躍的な科学技術の進歩とともに、医学の発展も目覚ましいものがあった。人体の不思議や秘密は外科的なものだけではなく、それをつくる設計図ともいえるDNAの解析によって日々そのベールがはがれていっている。そのなかでも、一番謎の多い人体最後の秘境とも言える脳の最も詳細な機能マップが発表された。


■180の部位を特定した“脳マップ”

 イギリスの科学系ジャーナルの大御所「Nature」オンラインをはじめ、イギリスの「DailyMail」紙、アメリカの「Yahoo! News」といった一般メディアでも伝えられている、この医学界のニュースを見てみよう。

 2013年にオバマ大統領が発表した、脳の機能解明プロジェクトを資金源とした、ワシントン大学医学部の神経科学者マシュー・グラッサー博士が率いる研究チームは、脳神経科学者とコンピュータ技術者などで構成されており、解剖学的な見地からではなく、コンピュータによる画像解析をメインとした手法によって深部構造を突き止め、今までの脳の機能マップを大幅に刷新することに成功した。

 脳の機能を部位ごとに分けて、その部位同士のつながりや働きを示す「脳地図」は100年以上も前から作られてはいるが、今回の脳地図は、詳細にデータ化された210名の被検者の脳の働きを解析し、そのデータに基づいて脳を180の部位に分け、それぞれの形、機能、働き、つながりをより正確に把握できるようなものとなっている。

 初期の脳地図は、ドイツのコルビニアン・ブロードマン博士が1909年に発表したものが認められ、「ブロードマンの脳地図」と知られており、現在の神経科学者もこの脳地図を使っている。このブロードマンの脳地図は、今回の脳地図と大きく異なり、基本的に解剖学的な知見をもとに脳細胞の種類によって分類されているという点で、部位それぞれの機能やつながりの解明には不十分であったと言われている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。