>  > 防衛相・稲田朋美の軍国主義丸出し発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:
inadatomomi_151014.jpg
稲田朋美公式サイトより


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 小池百合子の都知事就任につづいて、悪夢のような人事が決定した。明日3日に行われる内閣改造で、稲田朋美・現自民党政調会長の防衛相起用が確実となった件だ。

 稲田氏といえば、本サイトでも繰り返しお伝えしているように、自民党きっての極右議員。しかも、“命を捨てて国を守れ”と繰り返し口にしてきた人物だ。

「国民の一人ひとり、みなさん方一人ひとりが、自分の国は自分で守る。そして自分の国を守るためには、血を流す覚悟をしなければならないのです!」(講演会での発言)
「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」(「WiLL」2006年9月号/ワック)
「祖国のために命を捧げても、尊敬も感謝もされない国にモラルもないし、安全保障もあるわけがない。そんな国をこれから誰が命を懸けて守るんですか」(「致知」2012年7月号/致知出版社)

 また、稲田氏は06年9月4日付の産経新聞で、『国家の品格』(扶桑社)で知られる藤原正彦氏の「真のエリートが1万人いれば日本は救われる」という主張に同意を示しながら、こんなことを訴えている。

〈真のエリートの条件は2つあって、ひとつは芸術や文学など幅広い教養を身に付けて大局観で物事を判断することができる。もうひとつは、いざというときに祖国のために命をささげる覚悟があることと言っている。そういう真のエリートを育てる教育をしなければならない〉

 靖国に行って人殺しの戦争に参加することを誓うべきと語り、さらに国のために命を捧げるのが「真のエリート」だと言い切る──。こんな考えの持ち主が防衛相として自衛隊を統督すれば、隊員に徒死させることも厭わないだろう。

 まさに、いちばん防衛省のトップにさせてはいけない危険人物がその座に就くことになったわけだが、稲田氏が恐ろしいのは“徴兵”にも前のめりである点だ。

関連キーワード

コメント

4:匿名2016年8月11日 11:25 | 返信

左翼の意見は金太郎飴。個性が無く、みんな同じスローガンを繰り返し喚き散らすだけ。

人権、平等、反戦平和の大正義、錦の御旗の前に思考停止。

都合の悪い話は無かった事に、自らが痛い目に逢っても解らない。

我慢は心を麻痺させる。

心が麻痺したら、人としては終わり。まあ、人形としては優秀かも知れないが。

3:匿名2016年8月11日 02:11 | 返信

…んで?日本は平和呆けしたら良いのですか?
何されても、牙を剥いてはダメですか?
編集者さん?

2:匿名2016年8月 8日 06:49 | 返信

痛いわ~。ライター在日?なんか都合悪いの?

1:匿名2016年8月 3日 15:22 | 返信

この作文は、読んでいて痛いと思う人は多いと思うよ。 妄想のし過ぎではないか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。