>  > 都知事選責任逃れ、石原伸晃の言行録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
ishiharanobuteru_160803.jpg
自民党衆議院議員石原のぶてる(伸晃)公式サイトより


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 小池百合子の圧勝で終わった東京都知事選。小池はさっそく、「日本国憲法の無効確認と大日本帝国憲法の復活」を求めた野田数・元都議の特別秘書起用を決定するなど、安倍政権同様に戦前回帰的な姿勢を剥き出しにしている。

 だが、都知事選後の動きではもうひとり、うんざりさせられた人物がいる。それは、増田寛也を担いで小池に完敗した責任者・自民党東京都連会長の石原伸晃だ。

 昨日午前に行われた記者会見で、伸晃は「選挙に負けたから責任をとります」と発表。しかし、その他方でこんなことを言い出したのだ。

「知事選は党本部マター。お金も都連でなく党本部が集めたのであり、責任者は幹事長なんです」

 いったいこの男は何を言っているのだろう。今回の都知事で小池の推薦を拒否したのが、自民党東京都連会長の伸晃と同幹事長の内田茂であることは誰の目にも明らかではないか。

「推薦については、むしろ伸晃さんが主導でした。マスコミ報道では今、東京都連の内田茂幹事長が最大の戦犯と名指しされ、伸晃さんも逆らえなかったということがしきりに報道されていますが、小池さんに対する拒否感はむしろ、最初、伸晃さんのほうが強かった。週刊誌でも記事なっていましたが、伸晃さんは過去に小池さんに何かの件で馬鹿にされたことがあるらしく、今回も『絶対に小池だけは嫌だ』と言い張っていました。内田幹事長はその伸晃さんに乗っかったというかたちです。途中からは、小池さんが都連との対決姿勢を打ち出したため、内田幹事長のほうの怒りが強くなり、前面に出るようになりましたが……」(自民党東京都連関係者)

 しかも、石原=内田コンビはそのあとも次々と失態を重ね、小池を勢いづかせた。まず、先月11日には、自民党都連が伸晃名で“小池に投票した者は親族含め除名”の文書を送付。この時代錯誤の圧力が、たんに国政で自分が寄生できる権力者がいなくなったために都政に名乗りをあげただけの小池を「腐敗した都政のために立ち上がったジャンル・ダルク」に仕立ててしまった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。