>  > リオ五輪開会式が「悪魔の儀式」である証拠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 8月5日に開幕したリオ五輪。柔道、競泳、体操など日本のメダルラッシュが続いているが、輝かしい舞台の裏には秘密結社の暗躍があったようだ。その証拠に、開会セレモニーに多くの悪魔的シンボルが臆面もなく晒されているという。

rioilluminati_01.jpg
画像は「IlluminatiWatcher.com」より引用


■聖火リレーの暗い過去

 よく知られていることだが、そもそもオリンピックはオカルト的な儀式にまみれている。その中でも代表的なものが“聖火リレー”だろう。 聖火リレーが導入されたのは1936年ベルリン五輪が最初とされているが、この時代ドイツを支配していたのは“ナチス”である。その目的は、表向きには国威発揚とされているが、実態はナチスのオカルト趣味だったといわれている。

 オリンピックのオカルト的儀式はこれだけではない。秘密結社暴露サイト「IlluminatiWatcher.com」によると、リオ五輪の開会セレモニーの会場では少なくとも2つ、イルミナティを代表する悪魔的シンボルが確認できたという。さっそくみていこう。


■死の形象「逆アルギズ」

rioilluminati_02.jpg
画像は「IlluminatiWatcher.com」より引用

 ご覧頂いている画像はリオ五輪開会式の様子。まず目に付くのが、緑色の巨大“ピースサイン”だろう。この巨大なハリボテがオリンピックとどのような関係があるのか全く不明だが、ピースサインそのものに意味があるとすれば話は違ってくる。なんと、ピースサインにもナチスとの深い関係があるというのだ。

 ナチスのシンボルといえば、鍵十字ハーケンクロイツを思い浮かべる読者も多いだろう。しかし、ナチスには他にも多くのシンボルがある。とくに、古代ゲルマン語に関係するルーン文字をモチーフにしたシンボルはいくつもあり、ナチ親衛隊SSの「雷光(ブリッツ)」もルーン文字の“S”が由来だ。そして、ピースサインにもルーン文字を象ったシンボルが存在する。ルーン語で「アルギズ」と呼ばれる文字だ。この文字は「生命」を意味すると言われ、大変縁起が良いとされるが、上下逆さにした“逆アルギズ”はその反対に「死」や「不吉」を意味し、1941~1945年にかけてナチ親衛隊のシンボルとして使用されていたそうだ。リオ五輪の開会式にも、このシンボルは登場している(下記参照)。

rioilluminati_03.jpg
画像は「IlluminatiWatcher.com」より引用
rioilluminati_08.jpg
ルーン文字「アルギズ」「Wikipedia」より引用

 また、元英首相ウィンストン・チャーチルが二次大戦の勝利を象徴するヴィクトリー・サインとしてピースサインを広めた背後にも、オカルティストの暗躍があったとの噂が囁かれている。イルミナティ系組織「黄金の夜明け団」に所属していたこともある20世紀に活躍したイギリスの魔術師アレイスター・クロウリーは、タロット愛好家の間では名高い「トート・タロット」の発案者として知られているが、そのタロットの5番目(ギリシア数字でV)にはVサインを掲げた神官が描かれている。一説によると、このVサインはギリシア神話最大の怪物「テューポーン」を召喚するためのものだそうだ。クロウリーは、イギリスの諜報機関MI5に所属していた際に、Vサインの持つ魔力をチャーチルに伝授したと言われている。

rioilluminati_06.jpg
アレイスター・クロウリー「IlluminatiWatcher.com」より引用

 オリンピックとイルミナティとの関係を示唆する証拠はこれだけではない。なんと、緑色のピースサインの背後にイルミナティを象徴する「プロビデンスの目」がはっきりと確認できるではないか! オリンピックがイルミナティに牛耳られているのは決定的と言ってよいのではないだろうか?

rioilluminati_07.jpg
画像は「IlluminatiWatcher.com」より引用

コメント

1:匿名2016年8月10日 18:24 | 返信

そういえばロンドン五輪は凄まじかった、
世界でも「まるで悪魔の祭典」と言われるほど。不気味だった。

日本選手団は入場してすぐに追い出される異例のトラブルが起きたし。

悪魔に嫌われている=ニッポン人は神に近い民族?
むしろ逆に喜ばしいことだと思った。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。