>  >  > 奇習! 被差別部落における少女共有の習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

【日本奇習紀行シリーズ】 近畿地方・某地域

0815akagokyouyu_01.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 これまで、本連載においては、日本全国に存在する、ないし存在していたとされるさまざまな奇習について紹介してきた。その大半が、当時の事象の一部、もしくは全部を体験したり目撃した人物による証言を元にしているという性質上、それら口伝的な内容は、学術的に主流とされる言説からはおよそかけ離れたものになりがちだ。

 だが、すべての歴史が書き言葉によって記され、史料として現存しているわけではないことからもわかるように、また、歴史というものが絶えず勝者によって継がれていくものであるという性質上、そこには必ずといってもよいほど「記されていない事実」というものが存在している。今回ご紹介する“とある古老”の話も、そうした歴史の教科書に載ることもなく、高名な学者先生たちからは見向きもされないような、そんな消え行く記録のひとつだ。


「最初に私がお話しなくちゃいけないのは、私の生まれ育った集落が、いわゆる“部落”だっていうことなんです。だから、地図上は同じ町内のように書かれていても、周囲とはまったく違った時間が流れていたんです」


 今回、我々の取材に、自らの生い立ちを交えつつ語りはじめたのは、近畿地方のとある地域に住む無職・金山力蔵さん(仮名・84)。金山さんの話によると、彼が生まれ育った地域は、いわゆる被差別部落に類するもので、そのせいか、集落全体が周囲の地域から隔絶された状態であったという。


「外から集落の入り口に差し掛かると、そこから急に道が悪くなっていたりとか。周りの家はちゃんとしているのに、あの界隈だけがバラック同然の板壁の家だとか。そういう見た目の違いもありましたけどもね、一番違うのは、我々の生活そのものです。たとえば、我々の地域じゃ、女の子が生まれると、それは共有財産というか、みんなのものだという考えがありましてね。それこそ、どの男とも籍ひとつ入れやしないんですが、嫁のようにいろんな男たちの子どもを生んでましたよ」


 金山さんの話によると、彼が暮らしていた集落では、女児が生まれると、その時点で誰が親なのかという点すら曖昧にし、それこそ地域の大人たちすべてが「父」であり、「母」であるという環境にするそうだ。そして、地域社会全体で彼女を養い育て、無事に成長した暁には、同じ集落にいる複数の男たちと性交させ、子どもを生ませる。やがて生まれた子どもは母親のいない私生児として扱われ、男児の場合は男の実家で育てられ、女児の場合は彼女の母親と同様に、村の共有財産として扱われる……そういう習慣が存在していたという。

関連キーワード

コメント

6:絶倫獣2016年8月24日 17:33 | 返信

本当か嘘か、よく分からない話。
他のコメントにも多くあるように、飛ばし記事の可能性が大いにあるので、一応は嘘である前提で見ることをお勧めする。

ただ、個々の要素としては全部ではないにせよ、有り得るかもしれない。
閉鎖的コミュニティにおける男尊女卑めいた社会的風習、差別のある部落の実態、輪かん、原始の一夫多妻状態…。
要は組み合わせのレトリック。

極限状態の集落について考えるには良い切っ掛けだったかもしれないが、何れにせよ、信憑性の低い記事が原因で本当の史実が埋もれてしまわないようにしてほしい。

5:匿名2016年8月23日 12:35 | 返信

全てウソ妄想の作り話!

4:匿名2016年8月19日 03:36 | 返信

「学者に無視される裏面史」とやらを、オカルトサイトのエログロ記事にしてメシの種にしてる奴が片腹痛いわw
いかにも素人臭い学会批判なんかしてる間に、その裏面史とやらをまとめて日本史に革命を起してこいやw

3:匿名2016年8月18日 12:32 | 返信

どの男の子供がわからないのに
男の実家で子供を育てるの?
でもその男の実家も母親は
いないんでしょ?
女は女だけの家で娘を育てるんだから。
男だけで男の子を育てるの?
色々矛盾してる。

2:開花神道2016年8月18日 04:13 | 返信

作り話と言うか、外国で昔あった話を、さも日本であった事の様に書いてるっぽい。
まあ、どこの国でも被差別部落では近親婚多いから、今回の話は無きにしも非ずな方ではないか。

1:匿名2016年8月17日 20:13 | 返信

この連載の何が嫌って、こういう建前批判、社会批判を入れてくるところ。
どんなに世間様がゲスかろうが、ゲスな作り話でアクセス数と原稿料稼いでる奴のほうがゲス。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?