>  > 中国・スッチーの卵が悩殺ダンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

caa-1.jpg
スッチーの卵だけあって、さすがにスタイルのいい女性ばかりがそろっている

【日刊サイゾーより】

 なぜか中国メディアは“スッチーの卵”関連のネタがお好きなようで、手を替え品を替え、いろいろなニュースを伝えている。今回は「スッチー養成学校に通う学生たちが、公園でダンスを踊った」という話だ。

 8月8日、「8」の数字をありがたがる中国人にとって縁起のいい日に、山東省の省都・済南市の公園で、客室乗務員養成学校に通う学生たちが、制服を着て整列し、一斉に踊りだした。その数、数百名。

 彼女たちの制服はミニスカート。脚を上げて踊ったり、パンツが見えないように膝を閉じながら屈んだり、お尻を突き出すようなポーズをしたりと、なかなかセクシー。これらは、機内で立ったり、座ったり、しゃがんだり、お辞儀をしたりといった動作を取り入れたダンスなのだという。これを笑顔で踊ることで、客室乗務員になるための訓練の成果をお披露目しているのだとか。

caa-2.jpg
スカートに手を当てて、お尻を突き出すポーズ。果たして、なんの意味が?

 中国の公園でダンスといえば、お年寄りたちが音楽に合わせて集団で踊っている姿がよく知られているが(参照記事)、やはり公園でダンスというのは、中国のひとつの文化なのかもしれない。日本でも、かつては公園や路上でダンスをする竹の子族というのがいたが、すでに日本史の教科書に出てきてもおかしくないほど、過去の出来事になっている。

 このニュースを見た中国のネット民たちも、ネタとしてしか見ておらず、ふざけたコメントを寄せている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。