>  > 中国、盗聴不可能な「量子スパイ衛星」打ち上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 この8月、中国科学院国家宇宙科学センターは、世界初となる量子科学実験衛星を酒泉衛星発射センターから打ち上げ、宇宙と地上間における量子通信システムを構築する方針だという。この実験が成功すれば、中国はまったく新しい次世代ネットワークの基礎技術と、決して盗聴することができない“世界一安全な”機密通信システムを手にすることになり、世界の安全保障環境が一変する可能性もあるようだ。今月3日の英紙「Daily Mail」をはじめとする複数の海外メディアが報じている。

QuantumSpySatellite.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 光ファイバーを用いた約300キロメートルの量子暗号通信はすでに実証されており、一部では商用利用も始まっているのだが、情報の損失やノイズという問題が起きていた。そこで、人工衛星を介することでより信頼性が高く、長距離の量子通信が可能になると考えられており、世界中の研究機関が技術開発を競ってきた。その熾烈な研究レースにおいて、もしも中国が今回の実験を成功させれば、他国の一歩先を行くこととなる。


■現在の暗号技術の問題点

 ところで、現在の通信セキュリティを支えている暗号技術は「公開鍵暗号」という方式だ。ネット通販やSNSなど、私たちも日頃からこの暗号通信をよく使っている。

QuantumSpySatellite_3.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 この方式の特色は、暗号化に使う鍵(公開鍵)と暗号を解く鍵(秘密鍵)が別々だという点にある。例えば、ネット通販で精算をする時を考えてみよう。注文内容や支払いのためのクレジットカード情報、配送先の住所氏名などの情報は、店が配っている公開鍵を使って暗号化されて送信される。公開鍵を使って暗号化された情報は、店が持っている秘密鍵でしか復号することができない。秘密鍵は公開鍵から作られるが、その作り方は非常に複雑で、公開鍵から秘密鍵を割り出すことは現状では困難である。そのため、買い物の情報が第三者に盗み見られる心配はない。

 しかし、この技術の安全性は「解読には膨大な計算がかかる」という一点にかかっている。量子コンピュータなど、大量の計算をケタ違いに素早くこなす新技術が発展すれば、いずれ容易に解読できるようになってしまう危険性があるのだ。そこで、次世代の機密通信システムとして注目されているのが、量子を使った暗号化通信技術だ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。