>  >  > 中居残留に向けてジャニーズ必死の“超・豪華”譲歩内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

SMAP

,

ジャニーズ

,

中居正広

0714smap_01.jpg
※画像:SMAP

 今年1月に独立騒動が表面化して以来、木村拓哉とそれ以外の中居正広ら4人の亀裂が隠し切れなかったSMAPが、いよいよ年内で解散することになった。解散後もメンバー全員はひとまずジャニーズ事務所に残るが、その先はどうなるのかまったく分からない状況だ。そこでジャニーズは独立派の中居の“一本釣り”を狙っているという。

 ファンにとっては最悪の結末を迎えてしまったが、メンバー間の関係を考えると、解散は避けられなかった。独立騒動以降は4対1に分かれてしまい、木村が完全に浮いてしまう事態となっていた。

「独立騒動の発端は、SMAPのチーフマネージャー・飯島三智氏が、副社長のメリー喜多川、ジュリー藤島景子親娘に事実上、追い出されたこと。飯島氏に恩義がある中居、香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛は追随しようとしたが、木村だけが早々にジャニーズ残留を決め、話がダメになった」と芸能プロ関係者。

 この木村の行動は他のメンバーのみならず、ファンからも反感を持って受け止められ、いまや“裏切り者”扱いされている。結果的に解散に至ったのも、4人のメンバーが木村への反発心を抱いたことが大きい。

「いま解散となると、木村が悪者になることは自明の理なので、ジャニーズとしては避けたかった。だけど4人の意思は揺るがなかった。そこで香取が強く解散を主張したことをメディアに明かし、なんとか木村に向かうバッシングを最小限にとどめようとしています」とワイドショー関係者。

関連キーワード

SMAP

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。