>  >  > 【リオ五輪】腕がひん曲がった重量挙げ選手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

1608_weightlifting_1.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 日本時間の今月22日まで開催されているリオデジャネイロオリンピック。日本選手団は目覚ましい活躍を見せ、金メダル獲得総数は3大会ぶりに2桁を記録した。しかし、世界中の選手たちがしのぎを削り、熱戦を繰り広げる中、時に悲劇が起こってしまうこともある。

 アクシデントが発生したのは、今月11日に行われた、重量挙げ男子77キロ級だった。同種目に出場したアルメニア代表のアンドラニク・カラペチャン選手が、195キロのバーベルを持ち上げた瞬間、左腕があらぬ方向に曲がってしまったのだ。肘を脱臼した彼は、激痛に顔をゆがめ、コーチ陣に支えられて涙を流しながら競技場を去った。その後、担架に乗せられ、病院に緊急搬送されたカラペチャン選手だが、この195キロのバーベルを持ち上げることに成功していれば、銅メダルが確定するところであった。

1608_weightlifting_2.jpg
画像は、「Daily Mail」より
1608_weightlifting_3.jpg
画像は、「Daily Mail」より
動画は、「YouTube」より


■重量挙げではアクシデントが特に起こりやすい

 今回アクシデントが発生した重量挙げだが、以前にも同様に腕があらぬ方向に曲がってしまうケースが発生している。前回のロンドンオリンピックでは、韓国代表の史載赫選手が同じく男子77キロ級で158キロのバーベルを持ち上げたところ、右腕を脱臼してしまった。

1608_weightlifting_4.jpg
画像は、「Daily Mail」より
1608_weightlifting_5.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 また、前々回の北京オリンピックでは、またも男子77キロ級でハンガリーのヤーノス・バラニャイ選手が148キロのバーベルを持ち上げようとしたところ、こちらも右腕を脱臼。ひじがあべこべになるほど酷い脱臼に、バラニャイ選手は絶叫したという。

1608_weightlifting_6.jpg
画像は、「Daily Mail」より
1608_weightlifting_7.jpg
画像は、「Daily Mail」より
動画は、「YouTube」より

 同じくバーベルを持ち上げる種目のベンチプレスでは、185キロのバーベルを上げた選手が胸にバーベルを落としてしまい、肋骨を骨折したうえ腹腔に裂傷を負ったことが原因で死亡する悲惨な事故も起こっている。己の限界に挑むスポーツでは怪我がつきものかもしれないが、自らの限界をしっかり見極め、注意して競技に臨んでほしいものだ。
(文=山下史郎)

※衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?