>  >  > ゲーム依存症のニート息子が父親を斬首

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

ゲーム依存症

,

ニート

,

中国

,

北原大悟

,

斬首

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1608_gameaddiction_1.jpg
画像は、RebeccaPollard / tex playing video games(from Flickr, CC BY 2.0)

 日本貿易振興機構(JETRO)が発表した2014年の「中国ゲーム市場調査」によると、中国全土におけるゲームの市場規模は1,148億元(1兆7,000万円)で、前年比37.7%の増加と急成長を遂げている。しかしその一方で、寝食を忘れてゲームに夢中になった若者が過労死するなど、“ゲーム依存症”が社会的な大問題にもなっているようだ。

 そんな中国で、ゲーム依存症の少年が父親の首を切り落とすという惨たらしい事件が発生した。今月4日に掲載された「LiveLeak」の情報によると、学校にも行かず一日中ゲームに没頭していたニート状態の息子から、父親がゲーム機を取り上げたところ、息子は大激怒して蛮行に及んだという。


■東アジアで広がるゲーム依存症

 ゲーム依存症が社会問題となっているのは、中国だけではない。今年3月に韓国で発表された「韓国国民の健康を害する5大中毒」では、アルコール・依存性薬物・インターネット・賭博、そして5つめの中毒として初めてゲームが認定され、薬や酒と同様の依存症と見なされることに。政府は、青少年のオンラインゲームへの接続を規制する“シンデレラ法”を導入し、16歳未満の青少年は午前0~6時までオンラインゲームへの接続が禁止されることとなった。

 日本にも500万人以上存在するといわれているゲーム依存症。最近ではスマホゲームの普及によって、ネットゲーム依存者も増加中だ。ゲーム依存症になると、「キレやすい」人間ができあがるというが、今回の中国の事件を思うと、その通りなのかもしれない。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

6:匿名2016年8月26日 02:42 | 返信

父親かわいそうすぎる
何も間違ったことは言ってない

5:匿名2016年8月25日 01:33 | 返信

ポッカキットでは首切られたのは息子だって書かれてたけど
殺されたの父親の方だったのか

4:匿名2016年8月24日 22:31 | 返信

顔日本人みたい

3:匿名2016年8月24日 19:23 | 返信

喉の所だけ紫色なのは何故?

2:匿名2016年8月24日 12:08 | 返信

親父の顔、チャンコロ丸出しwww

1:匿名2016年8月23日 22:39 | 返信

息子の髪型wwww

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?