>  > 友人を18年間洗脳、8000万騙し取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

,

韓国

tyeso.jpg
祭祀のイメージ写真(gojesa.comより)

【日刊サイゾーより】

 韓国で、信じられない詐欺事件が起きた。高校時代の同級生を18年間も奴隷のようにこき使い、多額の金銭をだまし取っていたというものだ。
 
 8月5日、韓国警察は詐欺の疑いでクォン容疑者(女性、44歳)を逮捕した。1998年7月から今年6月まで、高校時代の同級生であるキムさん(女性、44歳)に対し詐欺を働き、計2,389回、総額にして約8,000万円をだまし取った容疑だ。

 共通の友人を通じて知り合ったクォン容疑者とキムさんだったが、当時、クォン容疑者は「交通事故でけがをした友人の治療費」「金融業者への借金の返済」などの名目で、キムさんから約70万円をだまし取ったとされる。これが、2人の悪縁の始まりだった。自分を信じて疑わないキムさんに対し、クォン容疑者はより大がかりな詐欺を働き始める。

 クォン容疑者はその後、キムさんに「運気が悪い」とマインドコントロール。韓国には、先祖をまつる祭祀(チェサ)という行事があるのだが、キムさんの運気が良くなるよう、「自分が祭祀をやってあげる」と持ちかけた。不思議なことに、キムさんはその言葉を信じて疑わなかった。そして、クォン容疑者が要求する“祭祀代”を貢ぎ続けたのだ。高校卒業後、キムさんは家族と共に日本で暮らすことになったが、それでも2人の悪縁は途切れなかった。キムさんは、アルバイトして稼いだ金を、数年間にわたりクォン容疑者に送金し続けた。

 キムさん一家が韓国に帰国した後、クォン容疑者のマインドコントロールは、さらにエスカレートする。まず、より多額の金をだまし取るために「家族といると殺し合いが起きる」と説き伏せ、ひとり暮らしを始めさせ、その後、風俗店で働くように仕向けた。キムさんは毎日のように客と性行為をし、稼いだ金をクォン容疑者に渡した。

 挙げ句の果てに、クォン容疑者は「性行為の動画が流出した」「それを削除するために大金が必要」などと、キムさんを脅迫。精神的に追い詰められたキムさんから、さらに金を巻き上げ続けたという。並行して、前述した祭祀詐欺も続いていた。クォン容疑者は「祭祀に食べ物が必要」と話し、海苔巻やキムチなどを届けさせるなど、まるでパシリのようにキムさんをこき使った。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。