>  > DNAをこじ開けて破壊する「テラヘルツ波」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
THz.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 昨今、「テラヘルツ波」という言葉をあちこちで耳にする。癒やし効果がある周波数1THz(波長300µm)前後の電磁波を指す言葉だが、テラヘルツ波エネルギーには物質の性質を瞬時に変化させたり、病気を瞬時に改善したりする力があるとの説も唱えられている。そのため、テラヘルツ波を発するという鉱石がスピリチュアル商品として人気を博しているうえ、医療分野における実用化の試みも枚挙に暇はない状況だ。あの理化学研究所にも「テラヘルツ光研究グループ」が存在する。


■「テラヘルツ波」発生装置が人体に埋め込まれる可能性も

 しかし、実際のところテラヘルツ波を医療に用いようとする歴史は古い。ロシアで最初の医療用テラヘルツ波機器が作られたのは、1970年代のことだった。サンクトペテルブルグ国立工科大学、実験物理学部のニコライ・バグラエフ教授らの研究チームが、「サイラトロン」と呼ばれるテラヘルツ波発生装置を開発したのだ。これに自信を深めた教授は、次のような言葉を残している。

「あらゆるものをテラヘルツ波発生装置にできる。コンパクトな装置を大量生産し、各病院といわず、各個人がそれを持てるようにしようではないか。さらに、個々人の生体の日常的修正ということならば、チップにまで小型化し、人体に埋め込むことが望ましい」

 そう、彼は人体にテラヘルツ波を発生するチップを埋め込もうという未来を予言しているのだ。そして、まるで教授の言葉を体現するかのように、テラヘルツ波発生装置の小型化のための研究は目覚ましい進展を見せている。


■なんでも透視できる携帯電話が現実に!?

 米・テキサス大学ダラス校の科学技術者チームは、テラヘルツ波を放散するチップを携帯電話にも組み込もうと計画している。素人には難解だが、衣服、木材、紙など非電導の多孔質材を突き抜けるテラヘルツ波の性質を活かそうという試みのようだ。同大学教授のケネス博士(電気工学)は、英紙「The Daily Mail」に次のように説明している。

「CMOS(電子回路の一種)とテラヘルツ波を組み合わせられるようになれば、このチップを携帯電話に搭載し、物体を透視できるようになるのです」

 携帯電話で世界のさまざまなものが透視できるようになるとは、なにやら恐ろしい話でもあるが、とにかく技術としては画期的だ。ほかの分野にも大いに応用できることが予想されるため、研究をすすめること自体は有意義だろう。

 しかし、ここにきて「テラヘルツ波=安全・健康に良い」という過去の説を覆す研究が発表されはじめているのだ。

コメント

3:匿名2016年8月26日 18:42 | 返信

空港のボディスキャナーでダメージ受けるならアメリカ行けないな
恐ろしい

2:匿名2016年8月24日 17:06 | 返信

最終章だけが浮いてる。
結論ありきの、みじめで稚拙な文章。

1:匿名2016年8月24日 11:56 | 返信

水素水の次はテラヘルツですかw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。