>  >  > 高畑淳子、裕太容疑者の「嘘」見抜けず劇団女優を破門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

高畑淳子

,

高畑裕太

takahata0823.jpg
画像は、高畑裕太公式インスタグラムより

 23日、群馬県前橋市内のホテルで40代の従業員女性に性的暴行を加えるなどし、強姦致傷の疑いで逮捕された俳優・高畑裕太。女優・高畑淳子の息子で二世タレントとしてバラエティでも活躍し、オープンな“女好きキャラ”でウケていたものだが、もはや笑い事では済まされない。さらに、高畑親子のことを昔から知る人物は、「裕太の問題行動を助長した責任の一端は、母の淳子さんにもあると思います」と、ため息をついた。

 裕太は2011年、母の出演舞台『欲望という名の電車』を見たことをきっかけに役者を目指し始めたとのエピソードがある。

「淳子さんは大学から演劇を専門に学び、卒業後は日本を代表する劇団の一つ、青年座に入団しました。舞台に限らずテレビドラマや映画など幅広く活動する大女優になっていく中、2003年にそれまで青年座のトップを務めていた西田敏行さんが退団すると、繰り上がりで淳子さんが頂点に君臨。この頃には裕太も劇団に出入りしていたのですが、彼は青年座の女性付き人にちょっかいを出すようになったんです」

 こう語るのは、青年座の関係者。

「みんな、裕太への対処には困っていました。というのも、淳子さんの機嫌を損ねたり逆らったりすることは、業界を追われることに等しいと言えるほど、彼女の力が大きくなっていたから。当然、裕太に対しても所属俳優らはヘコヘコせざるを得ない状況で、ついに手を出されてしまった女性もいました」

 そんな中、淳子の息子に対する明らかな過保護が浮き彫りになる“事件”が勃発したんだとか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。