>  >  > “奇跡の水”? 水素水ブームの真実を探る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
Lourdes.jpg
ルルドの泉にあるマリア像
画像は「Wikipedia」より引用

「ルルドの泉」から湧き出す“奇跡の水”というと、ご存じのトカナ読者も多いのではないだろうか? 1858年、フランスのピレネー山麓に位置する小さな村ルルドに聖母マリアが出現し、あらゆる病気を治癒する水が涌き出した。このルルドの泉は、世界を代表するパワースポットとして長きにわたり崇められている。

 ところが昨今、九州大学の白畑實隆(さねたか)教授の研究室で「ルルドの泉」から湧き出す“奇跡の水”の成分調査がなされ、病気の治癒につながると考えられる成分が判明したのだ。それは、水素である。


■本当の水素水は、まさに奇跡の水!

 最近は、「水素水」がブームになるなど、水素が身体に良いという事実が広く知れわたりつつある。なかには霊感商法としか思えない悪質なケースもあるようだ。しかし、正真正銘の水素水を販売し、水素風呂や水素整体によって多くの患者を治療している国際統合医療研究所・株式会社アドヴァンスウィル代表の杉野孝氏によると、水素水“本来の”効果は絶大なものだという。

Lourdes_2.jpg
左:杉野孝、右:深月ユリア

 魔女である筆者は、インターネットTVの撮影で初めて杉野氏と出会ったが、同番組に出演していた元パーキンソン病患者Aさんが「杉野氏の水素水と整体でパーキンソン病が完治した」という驚くべき体験を明かしたのだ。ほかにも甲状腺機能低下症だった74歳の女性は「喉ボトケの下に2センチものシコリがあったが入浴後に消えた」といい、また更年期障害の53歳女性は、「1時間ごとに動悸・息切れ・ノボセが襲って来るホットフラッシュ症状が消え、不眠も治って元気になった」と語るなど、驚くべき効果が多数報告されている。

 さらに、両膝を手術しなければ歩けない状態だった76歳の老人が、水素水を飲んだことでその場で歩けるようになって縄跳びを始めたり、癌や糖尿病も治るなど、まさに奇跡のような出来事が起きている。そして、ロシアの金メダリストでプーチン大統領の友人である柔道家までもが杉野氏の施術を受けているうえ、氏は近々ロシアへと渡り、プーチン大統領自身に施術する予定もあるそうだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。