>  > 天皇陛下の偉大さを知らなかった!? テレビ業界に激震が走った8月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

吉沢ひかる

,

天皇

,

生前退位

tennouheika0830.jpg
※画像は、NHK公式ページより


 8月8日の午後3時はテレビの前に正座した人も多かったのではないだろうか。「生前退位」の意向を周囲に示している天皇陛下がビデオメッセージの形でご自身のお気持ちを表明されたからだ。このお気持ち表明の前後、当然ながら各テレビ局では独特の動きがあったが、その内容は前代未聞のものも多かったという。

「陛下のお気持ちの発表日時が決まってから、全番組の放送内容の再点検が始まったんです。さらに数日前から、公式ホームページやTwitterの不用意な更新は控えられるようになりました。また、当日の各ニュース番組の出演者にはネクタイの色までチェックを入れる局もあり、意図していなくても不謹慎な言動として受け止められる可能性のある内容を放送・発信しないよう徹底されたようです。ここまでの対応は前代未聞でした」(テレビ局関係者)

 たしかに不用意な発言を放送して炎上するのは避けたいところだろう。しかし、テレビ局の対応はこれだけに留まらなかったという。

「今回の件を受けて、若手スタッフへの講習を行った局もあるんです。今の20代は昭和天皇崩御を知りませんが、それはテレビ業界で働く人間も同様です。仮に現在の天皇陛下が生前退位された場合、テレビ業界の対応はまだ決まっていませんが、今回の件がどれだけ大きな出来事なのかを理解させるために、昭和から平成に変わるまでのテレビ業界の様子をレクチャーしたわけです。当時はご危篤との報道が出て以後、あらゆる番組が自粛体制をとり、崩御数日はニュース以外の番組は中止となり、CMも流れませんでした」(同)

 筆者も当時、テレビからニュース以外の内容が流れなかった日々を覚えている。葬儀の車列が通る沿道には警察官や自衛官などが整然と並び、あらゆるスポーツ競技も中止となり、国中が喪に服していた様子に、幼いながらも国の重みを感じたものだ。

 このレクチャーを受けた若手スタッフはどう感じていたのだろうか。

関連キーワード

コメント

4:匿名2016年9月 4日 02:19 | 返信

何書いても質が悪いね。

3:匿名2016年9月 3日 18:17 | 返信

この記事を書いた人がもっと「慎重」になるべきやね!

≪新潮≫に吟味を重ねるべき事項だ。って・・・

週刊新潮じゃないんやからさ!

2:匿名2016年9月 3日 11:13 | 返信

誤字にも気づかないならこんな記事書かない方がよろしいよ

1:匿名2016年9月 3日 10:08 | 返信

この記事をアップする前にも慎重に吟味を重ねるべきだろう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。