>  >  > 強姦、死姦…いまだ殺人件数不明の究極のサイコパス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

dailymail.samantha.jpg
画像は、事件が起きたキオスクの様子「Daily Mail」より

■キオスクで働く少女を誘拐

dmail.samantha
画像はサマンサ。「Daily Mail」より

 2012年2月1日、アラスカ州アンカレッジの小さなコーヒーキオスクで1人で働いていた18歳のサマンサ・コーニックが行方不明になるという事件が発生した。キオスクは交通量の多い道路の側で営業していたが、目撃者はいない。しかし、外に設置されていた防犯カメラには極寒のこの地で多くの人が被っているフェイスマスクをした男がキオスクに近寄り、しばらくしてサマンサを抱えるように連れ出す姿が映っていた。キオスク内の防犯カメラにも拳銃を持った男に指示され電気を消すサマンサの姿が映っていた。

 男はサマンサの手首を縛り、外に連れ出したというところまで確認できた。時刻は夜の8時だった。

 警察はすぐ捜査に行き詰まった。犯人に繋がる遺留品がなく、動機も分からなかったからだ。犯罪率が低いこの街では、これまでこのような誘拐事件が起きたことがなく、市民は一丸となってサマンサを探した。警察はどんなに小さな情報でもサマンサに繋がるのではないかと調べた。しかし、サマンサに関する手がかりは全く掴めなかった。


■事件は急展開

dailymotion.mail.jpg
画像は「daily motion」より

 24日、サマンサの交際相手の携帯電話に、サマンサの携帯電話から「コナー公園にあるアルバートの写真の下。彼女、かわいいよな」というテキストメッセージが送られてきた。コナー公園の掲示板には、アルバートという犬探しのポスターが貼られており、その下にジップロックが貼られていた。

Nihilistically%2520cynical%2520misanthropic%2520asshole
画像は、ジップロックに入っていた実際の写真「Nihilistically cynical misanthropic asshole」より

 ジップロックの中には、数日前の新聞を横にしたサマンサの写真が入っていた。また、サマンサに生きていて欲しいのなら、まとまった金をサマンサと交際相手が共同で持っていた銀行口座に振り込むようにと指示する紙も入っていた。サマンサが生きていると大喜びした父親はすぐに金を振込み、街の人たちもサマンサは殺されないだろうと推測して身代金募金活動を展開した。

コメント

2:匿名2016年9月19日 18:42 | 返信

こんなこと言ったらダメだけどこの程度か、というのが正直な感想。もっとえげつない殺人者はたくさんいるだろ。

1:匿名2016年9月19日 01:08 | 返信

誤字、脱字が多すぎる
しっかり見直しましょう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?