>  >  > EXILE・ATSUSHIは“海外逃亡”の本当の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ATSUSHI

,

EXILE

,

スピリチュアル

,

留学

ATSUSHI.jpg
Beautiful Gorgeous Love / First Liners」(rhythm zone)

 EXILEのボーカル・ATSUSHIが、2018年までという期間限定でアメリカに本拠地を移し“海外留学”するという発表が突如行われた。ATSUSHIは以前からEXILEの中で完全に浮いた存在であり、また「スピリチュアルすぎる!」などという怪しい疑惑も多くあることから、留学ではなく“海外逃亡”と見る向きも多い。

 覚醒剤取締法違反で起訴された高知東生被告の初公判が行われ、芸能マスコミが東京地裁に集まっていた8月31日、オフィシャルサイトでひっそりとATSUSHIの海外留学という発表があった。その中でATSUSHIは、「次のステージを見上げた時に、自分を逆境に置く環境の中で、初心に戻り、英語はもちろん、世界基準での表現力、歌唱力を身につけ、世界基準のヴォーカリストになることが、EXILEが世界基準のアーティスト・グループになるために必要なことだと考えはじめました」とコメントした。

 しかし、海外留学発表の経緯についてレコード会社関係者は次のように語る。

「2018年までの期間限定ということを強調していたが、このままフェードアウトとなることはほぼ間違いない。ATSUSHIは2年前にもEXILE脱退の意思を内々に表明したが、HIROらに強く止められ、その代わりにツアー不参加、ソロ活動重視を認められた。ソロ活動が増えたことでATSUSHIの収入は上がり、それがメンバー間の収入格差を生み、末端のメンバーからは不満の声も出ている。いまやATSUSHIはEXILEで腫れ物のような扱いで、彼自身もEXILEに興味を失っている」

 EXILEを脱退したいという気持ちが変わらないATSUSHIは次第にソロ活動へと傾倒し、今年もソロで6大ドームツアーを開催した。ではいったい、なぜこのタイミングで海外留学ということになったのか? もちろん「EXILEが世界基準のアーティストになるため」というのは大義名分に過ぎない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。