>  >  > 高畑裕太容疑者の「レイパー脳」は更正できない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
tyuta_01.jpg
高畑裕太公式インスタグラムより(現在は削除)

 群馬県警は8月23日、俳優の高畑裕太容疑者(22)を強姦致傷の疑いで逮捕した。高畑容疑者は同日未明、宿泊先の群馬県前橋市内のビジネスホテルで、女性従業員に「アメニティーグッズを届けてほしい」と依頼。客室まで来た女性を強姦。女性に右手親指に全治一週間のけがをさせた疑い。

 母親で女優の高畑淳子さん(61)が26日、都内で会見を開き、「大変なご迷惑をおかけしました」と謝罪した。今後、淳子さんは「加害者家族」となるが、今後どうすべきなのか。

 淳子さんは逮捕から2日後の25日、息子の高畑容疑者と前橋署で接見した。会見はその翌日だった。淳子さんは接見では事件のことを直接話せないため、「仕事がどういうふうになっているのか、撮影の取り直しなどで迷惑をかけていること」だけを話したという。まだ親子で事件に向き合う前の段階だ。
 
 加害者家族としては今後はどうすべきか。まず、親子2人で話し合うことは必ずしもよい方向になるとは限らない。たとえば、淳子さんは会見で「原因はすべて彼の甘さ」と言い、「自分なりに精一杯やったつもりでしたが、私の育て方が悪かった」と謝罪した。淳子さんは会見でそう言わざるを得なかったのかもしれないが、事件の原因を「彼の甘さ」と「私の育て方」とした。

 しかし、強姦などの性犯罪が絡んだ場合、少なからず、「認知の歪み」が絡む。つまり、物事を自分に都合よく解釈するのだ。例えば、自分が女性を強姦しても許される、あるいは、強姦ではなく合意だ、また、女性も望んだ、と思ったりする。どこかの段階で、こうした自己正当化が行われる。

関連キーワード

コメント

6:匿名2016年9月14日 00:21 | 返信

名誉毀損で訴えられればいいのに。

5:匿名2016年9月12日 12:21 | 返信

人様の子に厳しく 自分の子に甘い母
ユータがいじめられたとき 同級生の子供に
「今度ユータをいじめたら絞め殺すぞ!」と言ったくせに

今まで 色々やらかしたらしいユータには
なぜ「今度 人様に迷惑かけたら絞め殺すぞ!」と 言えないのかね~

4:匿名2016年9月 5日 07:53 | 返信

レイプで指にちょっとケガしたぐらいで済むってねぇ…

3:匿名2016年9月 3日 04:06 | 返信

女は知らない事だが男性は性.欲を持つ生き物である。息子を持つとゆう事はいつか必ず性犯罪する事を覚悟しておかなければならない。

2:嘆きの英語音声学徒2016年9月 2日 12:28 | 返信

こういう人ってアワードはアウォード、ワープはウォープ、ファミリーのファは/fǽ/っていちいち訂正するのかな?

1:嘆きの英語教師2016年9月 2日 11:13 | 返信

”レイパー”という英単語は無い。レイプする人は、”レイピスト”。メディアはいい加減、なんちゃって英語を拡散して、日本人の英語力を落としめるのを止めて欲しい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。