>  >  > 【ユダヤの大法則】9~10月に株価大暴落→世界大恐慌へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
kamigami.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 昨年、話題になったトリビアのひとつに「安息年(シュミータ)」というユダヤ教の概念がある。これは7年ごとに訪れる“休息の年”であるが、世界的大事件の発生と重なるケースが多いことから、しばしば歴史を動かす何らかの周期や陰謀との関係も取り沙汰されている。たとえば、

【安息日に起きた大事件】
・1973年のオイルショック
・1987年のブラックマンデー
・2001年の同時多発テロ
・2008年のリーマンショック

 などは、すべて安息年に起こった出来事だ。さらに細かく見ると、過去1世紀、債権市場のクラッシュはたいてい安息年に発生している。そのため、同じく安息年である2015年も危ないのではないか、と噂されたわけだ。(注:厳密にはユダヤの旧暦に沿うため、“年末”はその年の秋頃に前倒しになる)

 この件に関しては、当サイトでも研究家の百瀬直也氏による論考が掲載されているが、日本では氏のほかにも幾人かの識者が説明を試みているようだ。しかし筆者は、見落とされがちなある“恐ろしい事実”に気づいてしまった。実のところユダヤ教の概念からいえば、本当に注目しなければならないのは、安息年の“総決算”の年となる「今年」のほうなのだ。よって僭越ながら、私のほうから説明を補完させていただきたいと思う。


■安息日の遵守は神との“契約”だった!

 そもそも、ユダヤ教の安息年について「そう決まっているから」では説明として十分ではないと思う。その程度の戒律なら、ユダヤ人も本腰を入れて守ったりしない。実は、安息のサイクルは「神の命令」であり、ユダヤ人が神と結んだ「契約」なのだ。それゆえ、遵守するなら格別の褒美があり、逆に破れば凄まじいペナルティが課せられる。まずは、ユダヤ教における「安息日」と「安息年」の概念から改めて説明しよう。

kamigami_2.jpg
約束の地を望むモーセ イメージ画像:「Thinkstock」より

 エジプトから人々を率いて脱出した預言者モーセに対して、神はこう言った。

「安息日を心に留め、これを聖別せよ。6日の間働いて、何であれあなたの仕事をし、7日目には、あなたの神、主の安息日であるから、いかなる仕事もしてはならない。あなたも、息子も、娘も、男女の奴隷も、家畜も、あなたの町の門の中に寄留する人々も同様である。」(出エジプト20章9~10)

「あなたは6年の間、自分の土地に種を蒔き、産物を取り入れなさい。しかし、7年目には、それを休ませて、休閑地としなければならない。」(出エジプト23章11~11)

 これは、神が6日間で世界を創造して7日目に休んだことに由来し、神がイスラエルの民に対して「命令」として言っているのだ。しかも、これはモーセが聖なるシナイ山で神から直接授けられた「十戒」の一つ、つまり「殺すな、盗むな、偶像崇拝するな」と並んで「7日目には仕事(経済活動)をするな」という条項があるのだ。そして、より細かな契約条文に「安息年」も含まれている。

 この命令に対して、預言者モーセは全イスラエル人を代表し、神に雄牛の生贄を捧げた。そして、その血を祭壇に振りかけると、契約の書を民に読み聞かせて「主が語られたことをすべて行い、守ります」と誓わせた。そして生贄の血を民にも振りかけた。こうして神との契約が締結されたのである。これはただの口約束ではない。個人の命はおろか、民族の命運までも担保にした誓約なのである。だから、全時代を通して、ユダヤ民族や国家の盛衰にも関わってくる。

神々の予定表

神々の予定表

日本と世界を待ち受ける戦慄の未来がここに!

コメント

1:匿名2016年9月 5日 23:19 | 返信

日本の神社はみなユダヤ教から来てるし、
もしかして災害が立て続けに起きてることも関係してるんじゃないかと。

日本人もユダヤ教を勉強した方が良いね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。