>  >  > 【緊急解説】3500年前のモーセの予言が現実化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

「出エジプト記」は「創世記」の次に登場する旧約聖書の物語で、ファラオの下で奴隷として苦しんでいたヘブライ人たちが、モーセを指導者に立ててエジプトを脱出する様子が描かれている。しかし、その際にモーセは神と恐るべき契約まで交わしていたのだ。

kamigami6.jpg
海を割るモーセ イメージ画像:「Thinkstock」より


■未来のユダヤ世代まで担保に入っていた呪いの契約

「わたしはあなたたちとだけ、呪いの誓いを伴うこの契約を結ぶのではなく、今日、ここで、我々の神、主の御前に我々と共に立っている者とも、今日、ここに我々と共にいない者とも結ぶのである。」(申命記29章13~14)

 この時、すべての民がモーセの前に呼び集められていたから、「ここに我々と共にいない者」とは、おそらく未来の世代のことを指していると思われる。つまり、「呪いの誓い」は子々孫々、未来永劫にわたって有効というわけだ。モーセは、未来のユダヤ人の運命まで担保に入れていたのである。だから、彼は執拗に警告した。

「もしあなたが心変わりして聞き従わず、惑わされて他の神々にひれ伏し仕えるならば、わたしは今日、あなたたちに宣言する。あなたたちは必ず滅びる。ヨルダン川を渡り、入って行って得る土地で、長く生きることはない」(申命記30章17~18)

 もちろん、この時点では、人々はこのような災いが本当に降りかかってくる未来など知る由もない。だから、警告されたところで現実感があるはずもなく、「まだ建国する前からモーセの爺さんは何を煽っているんだ? ボケたのか?」などと呆れていたに違いない。しかし、人々があんぐりと口を開けている一方、神だけは将来の出来事を何もかも見通していた。神はモーセに対して、こう冷酷に言い放ったのだ。

「あなたは間もなく先祖と共に眠る。するとこの民は直ちに、入って行く土地で、その中の外国の神々を求めて姦淫を行い、わたしを捨てて、わたしが民と結んだ契約を破るであろう。その日、この民に対してわたしの怒りは燃え、わたしは彼らを捨て、わたしの顔を隠す。民は焼き尽くされることになり、多くの災いと苦難に襲われる。」(申命記31章16~17)

 預言者であるが故、モーセだけは、この神の言葉を噛み締めていた。そしてモーセは「約束の地」に入る直前、次のように言い残して、120歳で死んだ。

「わたしには分かっている。わたしの死んだ後、あなたたちは必ず堕落して、わたしの命じた道からそれる。そして後の日に、災いがあなたたちにふりかかる。」(申命記31章29)


■そして3500年前の予言は20世紀に成就した!

 さて、こんな大昔の話をされても……と思う読者がいるかもしれない。ところが、モーセの予言は、われわれ現代人も決して無縁ではなかったのだ。モーセは次のような予言も残している

神々の予定表

神々の予定表

日本と世界を待ち受ける戦慄の未来がここに!

コメント

1:匿名2016年9月14日 22:07 | 返信

ク・ソ・ク・ラ・エ・・・だ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。