>  >  > ノストラダムスの「アンゴルモアの大王」、超真相

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
kamigami7_4.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 世界一有名な予言者と称しても差し支えないのが16世紀フランスのノストラダムスだが、その彼のもっとも有名な予言といえば、やはり次の4行詩ではないだろうか。


  1999年、7か月、
  空から恐怖の大王が来るだろう、
  アングーモワの大王を蘇らせるために。
  その前後、マルスは幸運によって統治するだろう。

  (百詩篇集 第10巻72番 山津寿丸氏訳)


kamigami7.jpg
ノストラダムス 画像は「Wikipedia」より引用

 この予言のおかげで、「1999年に人類が滅亡してしまうのではないか」などと無意味に恐怖した人も少なくなかった。とりわけ「恐怖の大王」と「アングーモワの大王」なる存在が不気味に感じられ、昭和の世代はさまざまな憶測をめぐらせたものである。

 ちなみに、フランス語に詳しい山津氏の訳では、より原文に近く「アングーモワ」となっているが、日本ではノストラダムス・ブームを起こした作家の五島勉氏の影響もあり、「アンゴルモア」のほうが一般に馴染みがある。この“アンゴルモア”の正体については諸説が噴出した。たとえば、ある研究者は「初めて原爆が試験されたアラモゴルドのことを指しているのではないか」という説を唱えた。つまり、この予言は核兵器で人類が滅亡することを暗示しているというわけだ。また、別の研究者は「これはモンゴルのことを示唆しているに違いない」と訴えた。かつてのモンゴル帝国の位置にあるのは、ロシア(冷戦時代はソ連)なので、これは同国を暗示しているという推理だ。

 まさに百家争鳴だが、米ソ全面核戦争の危機が囁かれていた冷戦当時の時代背景を考えると、多くの人々がこれらの説に信憑性を感じたのも無理はない。では、この「アングーモワ」なる名称は、実際には何を意味しているのだろうか。

kamigami7_2.jpg
アングレーム 画像は「Wikipedia」より引用

 実は、これはただの地名なのである。前述の研究者・山津寿丸氏によると、フランス南西地方にあるシャラント県の県庁所在地としてアングレームという都市があり、その周辺の地方名が、まさにアングーモワなのだという。そして、旧制度下のアングーモワ州とシャラント県の範囲はおおむね一致するそうだ。そしてフランス史上、このアングレーム領の出身で、ノストラダムスと同時代人であり、かつ「大王」と称された人物がいる。

神々の予定表

神々の予定表

日本と世界を待ち受ける戦慄の未来がここに!

コメント

7:匿名2016年12月14日 22:30 | 返信

1999年この年の9/11テロ(イラクのアルカイダー政権)ディンラディン氏の世界貿易センタービルに旅客機をハイジャックし自爆テロでビルに体当りした事を予言をしていた事だよ

ノストラダムスの時代の西暦はAugustやJulyはまだなく旧暦の暦の7月がSeptember旧暦の8月がOctoberでその年代の人々が本来は9月に起こることを7月の現暦で語り告がれ話の根本をスリ変えられて語り告がれたのだよ

日本の中心に水兵さんちが、大勢に現れる
あれは、当時のコギャル服装の集団の予言をしていたのだよ

それ以降の他の予言の情報は、流れて来ないけど、気になるがねw

けど予言で御時世を知っちゃったら、後の御時世が面白味もないねw

知らぬも八卦

知らぬも得する事もあるw

6:匿名2016年9月21日 15:55 | 返信

新解釈発見!2024年7月2日に中国に落ちる核を超える恐ろしい新兵器のことだそうだ。
http://time-science.blogspot.jp/2016/09/nostradamus-prophecy-x72.html

5:匿名2016年9月19日 17:59 | 返信

❯PentiumProやWin2000の登場、64bitOSへの進化で可能になったのです。
❯数年後…これが第2のルネサンスをもたらした!と歴史書に書かれると思います。

へー、MSのOSだけの話ね。
それ以前でも、違うOSなら広大なメモリ空間は使えてますよ。
PentiumPro??それ違うよな。

4:匿名2016年9月18日 05:58 | 返信

死ねとしかコメントしようの無い記事。

3:匿名2016年9月15日 02:08 | 返信

「ついに判明」って、アングレーム云々なんて話、1999年前後にさんざんやったろ…

2:匿名2016年9月14日 23:06 | 返信

ブロードバンドだよ
インターネットの繁栄が恐怖の大魔王

1:匿名2016年9月14日 15:20 | 返信

フランソワ1世の時、ルネサンスが興った。
つまり、1999年に第2のルネサンスが始まると予言されているだけ!の四行詩です。
1999年頃に『遺伝子解析・遺伝子操作』が始まる。そして…
その遺伝子解析や操作は…
良い事にも悪い事にも使われているのご承知の通りです。

遺伝子解析は、32bitOSで膨大なメモリ空間やDISK容量が扱えるようになって
実現したものです。思い出してください。
PentiumProやWin2000の登場、64bitOSへの進化で可能になったのです。
数年後…これが第2のルネサンスをもたらした!と歴史書に書かれると思います。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。