>  >  > 残酷度は共食い以上! ライオンの「子殺し」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

チンパンジー

,

北澤功

,

木村悦子

91y+CkRs40L.jpg
獣医さんだけが知っている動物園のヒミツ 人気者のホンネ

――大田区平和島にある『五十三次どうぶつ病院』の北澤功先生は、大学の獣医学科を卒業後、動物園に獣医師として勤務した経験を持つ。『獣医さんだけが知っている動物園のヒミツ 人気者のホンネ』(辰巳出版)という、動物の不思議な生態をコミック仕立てにした本が好評となっており、筆者はその編集担当として参加した。だが、同書の性質上、性的な内容やグロテスクな内容は残念ながら(R15)でボツだったのだ! とはいえ、それらのネタをお蔵入りにするのはもったいないので、ここでいくつか公開させてもらうことになった。

 動物の世界には「共食い」がある。愛らしいチンパンジーだって共食いをすることがあり、「恐ろしい」「グロテスク」などと思ってしまうが、それも自然の摂理なのである。だが、共食いどころか「子殺し」をする動物をご存じだろうか? ライオンである。動物の生態に詳しい北澤先生に聞くシリーズの第2回は「ライオンの子殺し」の話。

ThinkstockPhotos-200328633-001.jpg
画像は、Thinkstockより


■ライオンの子殺し文化

「群れの中で狩りをして獲物を持って帰るのはメスの役目なんですよ。オスはゴロゴロしているだけなのに、メスが一生懸命獲ってきた獲物を奪い去って我先に食べはじめるんです。なんだかダメ男感が漂っていますね!」と北澤先生が教えてくれた。

 ネコ科の動物は単独で生活する種類がほとんどだが、ライオンだけは群れで暮らす。ライオンの群れは「プライド」と呼ばれ、1~4頭の大人のオスと4~6頭の大人のメス、その子どもたちから構成される。その群れの中で育ったオスライオンは、群れを追い出されて放浪をはじめる。この個体を「ハナレオス」と呼ぶ。ハナレオスは、適当な群れを見つけ、その君主になるべく戦いを挑む。

「ハナレオスがその戦いに勝利しすると悲劇が起こるんです。新しい群れの赤ちゃんライオンは、自分の遺伝子を受け継いでいない存在。メスたちが大事に育ててきたまだ小さくかよわい存在の子どもなのにね。でも、新しい君主にとっては邪魔者でしかない。ときには皆殺しにしてしまうこともあるといいます」

関連キーワード

コメント

4:匿名2016年9月12日 02:38 | 返信

>>3

んー…少し違うような…
でも自分の血の繋がった子供だけを可愛がるという心理は似ているのかもしれない。

3:匿名2016年9月11日 01:34 | 返信

これ似たようなこと人間もしばしばやりますね
「義父」「母親の交際相手」による子殺しの多いこと

2:匿名2016年9月 9日 16:16 | 返信

これって地域によって違うって聞いたことある
たしかインド辺りだと自分の子供と同じように育てるみたいな
あと雄ライオンはただ怠けてるわけじゃなくてゾウとかの大型の動物を狩るときは指揮をしたり戦いに参加するし
他の雄がハーレムを乗っ取りに来たときの為に体力の消費が出来ないから
世間の雄ライオン下げの風潮に憤りを感じる

1:匿名2016年9月 9日 16:10 | 返信

これって地域によって違うって聞いたことある
たしかインド辺りだと自分の子供と同じように育てるみたいな
あと雄ライオンはただ怠けてるわけじゃなくてゾウとかの大型の動物を狩るときは指揮をしたり戦いに参加するし
他の雄がハーレムを乗っ取りに来たときの為に体力の消費が出来ないから

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。