>  >  > 幽霊か、守護霊か? 山火事現場に巨大な人影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

佐藤Kay

,

写真

,

守護霊

,

山火事

,

消防士

,

火災

 英紙「Daily Mail」(8月26日付)によると、アメリカのアイダホ州ヘンリークリークで発生した大規模な山火事現場で、考えられないような“人物”が目撃されたという。


■必死の消火活動中に“守護神”が出現!?

 8月22日未明、緑生い茂るヘンリークリークの広大な土地は、突如として天を焦がす紅蓮の炎に覆われた――山火事だ!

 23日午後5時には、すでに約174平方キロメートルを焼き尽くすまでに広がり、消防士らの必死の消火活動もむなしく、とどまるところを知らない火の勢いは、ジリジリと民家へ迫りつつあった。炎の先には、ジャネットさんとブルースさんのエンペイ夫妻が経営する牧場と住まいとなる山小屋があり、燃え盛る業火は、その山小屋まで、あとわずか15メートルに迫っていた。

 エンペイ夫妻は、すでに消防団から山小屋を諦めるよう言われ、安全のために緊急避難を促されていた。最悪の事態を想定した2人。だが、神に祈ることだけはやめなかった。

 翌朝、夫のブルースさんは息子を連れ、自分たちの牧場のある火災現場へと向かった。このアイダホ州史上最悪の山火事を記録に残すため、大地が火の粉に飲み込まれる様を写真に撮っておこうとしたのだ。すると――。

firemansguardian1.JPG
GodVine」の記事より

 撮影した画像を見た一家は驚愕! なんと、煙渦巻く火災現場の木の上に、巨大な人影が写しだされていたのだ。ジャネットさんは、その姿を一目見て「消防士の守護神」だと直感したという。この過酷な消火作業に命がけで取り組んでいるヒーローたちを見守るために、天空に現れたと感じたそうだ。

関連キーワード

コメント

3:パンツレスリングの兄貴2017年4月28日 14:25 | 返信

木とかだらしねぇ

2:匿名2016年9月 8日 20:40 | 返信

どう見ても木じゃん・・・・。

1:匿名2016年9月 8日 18:32 | 返信

木やな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。