>  >  > 【閲覧注意】末期の狂犬病患者が恐すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ウイルス

,

ワクチン

,

山下史郎

,

,

狂犬病

1609_rabies_1.jpg
画像は、「YouTube」より

 狂犬病とは、ラブドウイルス科リッサウイルス属の神経親和性ウイルスによって引き起こされる感染症のこと。人獣共通の感染症であり、感染源のほとんどは犬だが、猫やコウモリなどの野生生物も感染源になりうる。

 日本では、狂犬病予防法の施行後、犬の登録・予防接種・野犬の抑留が徹底された結果、狂犬病は発生していない。しかし、世界のほとんどの地域では現在も狂犬病が多発しており、2006年にはフィリピン旅行で犬に咬まれ、帰国後に発症した日本人2名も死亡している。

1609_rabies_2.jpg
画像は、「YouTube」より

 狂犬病には、“狂騒型”と“麻痺型”という2つのタイプがあり、発症すると狂騒型は極度に興奮し、攻撃的な行動を取るようになる。麻痺型は後半身から前半身に麻痺が拡がって、食べ物や水が飲み込めなくなるという。また、狂犬病を一旦発症すると、効果的な治療法はなく、ほぼ100%の確率で死に至るそうだ。先月23日、「YouTube」に狂犬病を発症した男性患者の映像が公開された。

1609_rabies_3.jpg
画像は、「YouTube」より

 その映像はカリフォルニア大学によって撮影されたものらしく、ベッドの上で生活する患者の姿を追っている。ベッドに手足を縛りつけられた男は、目を見開いて天井を見上げ、口から泡を吹きだす。その後、どれくらい時間が経ったのかわからないが、男性は呼吸が荒くなり始め、やがて死を迎えるのであった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?