>  >  > 【閲覧注意】政府軍がナパーム弾を使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

シリア

,

ナパーム弾

,

北原大悟

1603_napalm_02.jpg
画像は、「Daily Mail」より。グーグルで削除された問題の画像

 今月1日、英紙「Daily Mail」がシリアのハマーで、“政府の空爆”によって6人の子どもを含む25人の民間人が死亡したと報じた。さらに、その空爆では“ナパーム弾”が使用されたと指摘している。そう、現在米Facebookが、ページに投稿された「ナパーム弾の少女」として知られる歴史的反戦写真を、裸の少女が写っているからという理由で削除した、あのナパームである。これは国際的問題に発展し、現在は写真が復活されている。

1609_napalm_1.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 ナパーム弾とは、アメリカ軍が開発した油脂焼夷弾のこと。900~1,300度で燃焼し、広い範囲を焼き尽くす兵器だ。ナパーム弾の充填物は、体や木材などに付着すると親油性のため落ちにくく、水をかけても消火が困難だという恐ろしい武器。ベトナム戦争でも使用され、驚異的な殺傷能力が広く知られるようになったが、その後、非人道的な兵器だとされ「特定通常兵器使用禁止制限条約」によって、ナパーム弾は使用が禁止されることとなった。

 しかし、シリアは特定通常兵器使用禁止制限条約には署名しておらず、反体制側との内戦で度々使用してきた。今回の空爆では25人が死亡し、多くの怪我人を出したが、ある男の子は髪の毛が焼かれ、重度の火傷を負っている。

1609_napalm_2.jpg
画像は、「Daily Mail」より
1609_napalm_3.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 また、空爆に見舞われ、火傷を負った少女の写真も。シリアでは医療用品が不足しているため、少女は冷却材代わりの“泥”にまみれている。彼女の兄と妹は、空爆によって黒焦げになってしまったという。

1609_napalm_4.jpg
画像は、「Daily Mail」より
1609_napalm_5.jpg
画像は、「Daily Mail」より

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?