• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 太陽系の端に、謎の物体が見つかった。8月5日、米コーネル大学が運営する学術論文サイト「arXiv」で驚愕の論文が発表されている。それによると、太陽系のもっとも端に位置する海王星から少し離れた軌道上に、科学的に説明することができない奇妙な動きをする物体が存在しているというのだ。

Niku_2.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用


■公転方向が真逆、超反抗的!

 太陽系の8つの惑星は、もともと太陽の周りを回転するガスやチリから生まれたという経緯上、公転方向がすべて一致しており、その軌道もほぼ同一の平面内にある。しかし、今回発見された物体の軌道は、その平面上に存在しないばかりか公転方向も真逆だ。これは、ほかの惑星の軌道に対して90度以上(約110度)傾いた軌道を通っているためだと考えられているが、原因は不明。なお、明るさは海王星の16万分の1で、それから計算すると、問題の物体の大きさは直径200km以下ということになるようだ。

Niku_3.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 では、この物体は一体何なのか? 学者たちは物体をTNO(太陽系外縁天体、trans-Neptunian objects)に分類している。TNOとは海王星軌道の外側を周る天体の総称であり、かつて惑星とされていた冥王星もこれに含まれている。中国人天文学者によって発見されたため、謎の物体には(公転方向が真逆であることを考慮して)中国語で“反抗的”を意味する「ニク」というニックネームが与えられた。


■太陽系の外側では、理解できないことが起こっている

 それにしても、今回発見された物体はほかのTNOと比べて実に奇妙な動きを示す。スミソニアン天体物理観測所の宇宙物理学者マシュー・ホルマン氏は、次のように語っている。

関連キーワード

Niku
UFO

コメント

8:匿名2016年10月 8日 20:34 | 返信

ちっさ。直径200km以下って、準惑星ですらない小惑星じゃん…。

7:匿名2016年9月23日 18:57 | 返信

軌道が110度傾いているの意味がわからない

6:匿名2016年9月23日 18:49 | 返信

軌道が110°傾いたの意味がわからない

5:匿名2016年9月16日 11:00 | 返信

月だね

4:匿名2016年9月15日 19:33 | 返信

もっともっとロマン溢れる話。
星野之宣の2001夜物語という漫画では、太陽系の外に他とは逆の公転軌道をする惑星が新たに発見される。
その公転周期は666年で、魔王星(ルシファー)と名付けられる。
それまで発見されなかった理由と逆回転の理由は、反物質で構成されている惑星だから。
人類はこの惑星を攻略し、莫大なエネルギーを扱えるようになる。
そして、莫大なエネルギーによって人口ブラックホールを作成し、それをコントロールできるようになって、ワープ航法が生まれるのだ!!
。。。って方がUFO説より絶対イイ!!

3:匿名2016年9月15日 10:23 | 返信

太陽系外縁部に浮遊天体が入り込み、太陽の重力に捕えられた結果の一つ。逆回転が珍しいと考えるのは無知ゆえのバイアス思考。太陽系起源の天体ではなければ充分にあり得る特徴。

2:匿名2016年9月15日 07:52 | 返信

結構今さらな記事だね。

1:匿名2016年9月14日 23:24 | 返信

これが、ニビルなんじゃね?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。