>  >  > 【やや閲覧注意】実録!タイの性器事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

タイ

,

性器

,

高田胤臣

――タイ在住歴15年以上のライターが、現場から最新オカルトニュースを届ける!

 タイというとニューハーフ(現地ではガトゥーイと呼ぶ)が多いというイメージを持つ日本人も多いのではないでしょうか。また、日本人の性同一性障害者(GID、Gender Identity Disorder)が手術をするためにタイに渡航するケースも実際に多い。なぜニューハーフたちはタイを目指していくのだろうか。


■ニューハーフってなに?

RIMG2341.JPG
ゴーゴーバーで働くMtF

 まず、ニューハーフというのは日本独自の呼び方で、英語では、心は女性で身体が男性をMtF(Male to Female)、心が男性で身体は女性である場合をFtM(Female to Male)という。

 基本的なところを説明しておくと、彼らは性同一性障害という一種の疾患で、精神的な性別と肉体的な性別が一致していない状態にある。それを正すための方法のひとつとして、性別適合手術(SRS)というものがある。よく性転換手術と呼ばれるので誤解を招くが、決して性別を転換するわけではない。

 そして、SRSは例えばMtFであれば男性器をすぱっと切って終了という、簡単なものではないことも案外知られていない。タイではいまだに戸籍の性別変更はできないが、日本ではSRSによる性器の形成なども性別変更手続きに関係してくるので、1回で終わるようなものではない大変な手術になる。

 タイに渡航するとやたらと街中でニューハーフを見かける。そのため、タイはニューハーフが生まれやすいと思われがちだが、実際にはそんなことはない。タイで権威のあるSRSの名医はこう語っていた。

「タイでMtFが多いのは文化的にオープンであるからです。いまだGIDがどうして起こるのかは解明されておらず、MtFは1万人にひとり、FtMは3万人にひとりの割合で発生すると考えられているだけです。ですので、人口の多い日本の方が本当はGIDは多いですよ」

 日本においてGIDは社会的にオープンになっていないことから隠している人もいるし、さらけ出す人の中にはショーパブなどに勤めているためにキワモノのように見られてしまう。タイの場合は社会的にオープンなため、女性の服を着て普通に会社員になったり店員として働けるので目につくというだけだ。

 また、タイと日本それぞれで正確なGIDの数は把握できていない。戸籍上の性別を変更したケースにおいては統計が出るが、隠している人や自身がGIDであることに気がついていないこともあって、正確な人数が割り出せない。タイは戸籍変更ができないのでさらに確認しようがなく、また、日本とは逆にGIDでないのにそうであると思い込んでいるケースもあるようで、正確な人数の把握はほぼ不可能と言っていい。

 タイはオープンであるとはいっても、残念ながら本当のGID天国というわけでもない。ノーマルな人には見えないところで彼ら/彼女らは差別を受けているという。街中で知らない人から不意に股間や胸を触られたり、罵倒されることもしばしばあるらしい。タイのニューハーフも明るいようでいて悩みも多いのだそうだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?