• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 トカナでは、これまでにも世界的に著名な航空宇宙科学者ボイド・ブッシュマン氏をはじめ、UFOや宇宙人の存在を確信している科学者をたびたび取り上げてきたが、世間ではまだまだ懐疑論者の声が大きいようだ。そこで今回、もう1人著名科学者の言葉をお伝えしたい。


■ロケット工学の世界的権威「UFOは実在する」

hermann_02.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 ドイツ人のヘルマン・オーベルト博士(1894~1989)は、宇宙飛行の研究を中心に現代ロケット工学の礎を築いた世界的に著名なロケット工学者であり、これまたロケット技術開発の超重要人物であるヴェルナー・フォン・ブラウン博士が所属していたドイツ宇宙旅行協会の設立者でもある。ロケット工学の父といっても過言ではないオーベルト博士が、1950年代にUFOと宇宙人は間違いなく実在すると発言していたのだ。

 1954年10月24日付の米『American Weekly』誌上に博士の驚きの発言が残されている。

「空飛ぶ円盤は実在していて、それらが別の惑星から来た宇宙船であるというのが私の主張です」

 さらに、博士はUFOの数ある特徴についてロケット工学者の視点から科学的に分析している。

「UFOは重力場を人工的に発生させて飛んでいるのでしょう。高密度の電荷で進行方向の大気を押しのけることで、機体の発熱を防いでいるのです。そして、強力な磁場を発生させることで、イオン化された大気に影響を与えています」(米「Fate」誌1962年5月号)
「このように考えれば、UFOの発光、無音飛行、UFO出現に伴う電気や磁場への影響が説明できます」(同)

hermann_01.jpg
画像は「Disclose.tv」より引用

 博士によると、大気をイオン化する方法には3通りの方法―陽イオン、陰イオン、空気中の静電荷を中和する静電気放電があるが、これらの操作は上空の高い位置で行われるので、音が発生しないのだろうとのこと。博士が実際にUFOを使って実証したわけではないが、UFOの特徴をとらえた仮説として一考に値するものではないだろうか。

コメント

3:匿名2016年10月 5日 18:48 | 返信

※2
頭の固い奴だな。それ地球科学のしかも現時点での常識でしかないから。場の理論の統一もできてない、ダークマターの正体もわからないレベルの科学力でなにを知ったふうな事を言っているんだ?
むしろ人類がまだ知らないだけで 相対性理論に反すること無く超光速で移動する方法が確実にあるハズだ と考えるべきなんだよ。

2:匿名2016年9月18日 13:01 | 返信

科学者のクセに、相対性理論は無視なのか?w
何百何千光年も旅するのは不可能でしょw

1:匿名2016年9月18日 12:39 | 返信

ずっと宇宙人が地球を観察していて、いまだに戦争が続いていることをどう思ってるんだろうね。
宇宙人が地球支配の陰謀に加わっているっていう説が何十年も前からあるけど
そんなに時間をかけて戦争させるほど暇で気長な宇宙人はいないんじゃないかと思う。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。