>  >  > 彼女は恋愛妄想「クレランボー症候群」 では?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

new_160914.jpg
彼女はストーカー気質ではない?

 アナタに愛されたい、自分の存在を認めてほしい――。そう願うのは自然な恋愛感情だ。熱烈な「愛されたい症候群」は、もちろん病気ではない。
 
 しかし、好きな相手に愛されていると思い込む「妄想性障害(エロトマニア)」はタチが悪い。別名「クレランボー症候群(Clérambault's Syndrome)」とも呼ばれるが、この病名は1872年にフランスに生まれた精神科医ガエタン・ガチアン・ド・クレランボーにちなむ。

 クレランボーは紆余曲折を経て医学の道を選んだ。大学では法律学を熱心に学ぶものの、急に気が変わって国立美術学校に転学。身長160cmながら、丙種合格で辛うじて入隊。前線で2度も負傷するものの、戦争の無残さや軍医の勇敢さに胸を打たれる。除隊するや否や、医学に猛突撃。27歳で精神医学の学位を取得。アジール・ド・ラ・セーヌと呼ばれるパリの複合精神科施設や特殊拘置病院で精神科医の天職をたぐり寄せる。

 アルコール依存者、エーテル常習者、アヘン吸引者、自殺未遂者、放火魔、露出症、フェティシスト、てんかん患者、認知症患者、知的障害者……。数千人もの夥しい精神障害者、難病患者、犯罪者の診察に忙殺される。

クレランボー先生もクレランボー症候群だった?

 1921年7月、49歳のクレランボーは、フランス臨床精神医学学会で、クレランボー症候群と思われる女性4人の症例を初公開した。彼女たちには共通点がいくつかある――。


関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。