>  >  > 火星で前方後円墳が発見される! 日本は火星人の子孫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

 古墳、それは主に権力者を葬るため、土を高く盛り上げた丘のような古代の埋蔵施設である。古墳文化自体は東アジア一帯で見られるが、その構造や形状、葬送様式は古代日本において独自の変化を遂げた。

kofun.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 現代を生きる私たちにとって特に馴染み深い古墳は、やはり「前方後円墳」だろう。台形になった前方部と、円形の後方部(埋葬部)を組み合わせた形状になっている前方後円墳は、3世紀中頃~7世紀初頭にかけて日本列島で広く建造され、さまざまなサイズのものが約4,800基存在するという。

 しかし、前方後円墳があるのは日本だけではなかったかもしれないという驚きのニュースが飛び込んできた。しかも、その発見場所が地球上ではなく、なんと火星だというのだ。


■火星に前方後円墳がクッキリ!

 火星にある前方後円墳の存在に気づいたのは、日々UFO情報を配信する海外サイト「ET.UPDATES」だった。グーグルアースを使って火星表面の不審物を調査していたスタッフが、ある場所(座標は、6°3'57.07"N 92°4'13.22"E)に“台形と円形を組み合わせた”奇妙な丘が存在することに気づいたのだという。そこで彼らは、ハッと息を呑んだ。そう、これは古代日本で独自の変化を遂げた墳墓、前方後円墳そのものとしか表現できなかったのだ。

kofun_2.jpg
画像は「グーグルアース」より引用

 もちろんトカナ編集部も問題の座標を追跡調査してみたが、たしかにそこには日本人にお馴染みのあの形、前方後円墳の姿があるではないか。

kofun_3.jpg
画像は「UFOvni Disclosure」より引用

 驚くべき事態を受け、すぐさま世界のUFO研究家らが動いた。フランスのUFO情報サイト「UFOvni Disclosure」は寸法の分析に名乗りを上げ、この前方後円墳が超特大サイズ(幅1,000m、前方部の長さ1,600m、後方部の直径650m)であることを割り出している。

コメント

9:匿名2016年10月19日 01:23 | 返信

だからさぁ、ヘビがいた、ゴキブリがいた、
アレがあったコレがあった、って。
地球なんでしょ撮影場所。

8:匿名2016年9月19日 21:24 | 返信

直径❌➡直系⭕じゃね❓

7:匿名2016年9月18日 15:41 | 返信

さすがにこれはどうかと思う。こんな記事じゃ夢見れないよ。

6:匿名2016年9月18日 14:31 | 返信

グーグルアースの写真ではむしろ前方後円窪地の様に見えるのは何故でしょう・・・

5:匿名2016年9月18日 05:40 | 返信

もうちょっと説得力ある記事にしてほしい。
材料的に出来ないなら断定する形じゃなく、こういう考え方も出来るよね。
という風にしてくれないと楽しめないよ。

4:匿名2016年9月17日 20:00 | 返信

火星はアメリカが秘密を握っている

3:匿名2016年9月17日 14:16 | 返信

ゆうのはタダや。
イエス・キリストも韓国人やし。

2:匿名2016年9月16日 16:10 | 返信

単にいい加減なトンデモ説を節操なく掲載する自分たちを自己肯定してるだけだけどね。
地道な検証や勉強、研究を放棄して、飛び道具みたいな面白おかしい説にばかり飛びつくのはぜんぜん「謎に立ち向か」ってないしな。
しかも、自己肯定するだけならともかく、読者にそれを求めるとか最低な甘えだと思うね。

ただ、これを開き直らなかったら面白いオカルト媒体なんかやれないから、問題ナシ!

1:匿名2016年9月16日 13:46 | 返信

「定説にとらわれず、すべての可能性を排除することなく、謎に立ち向かう姿勢こそが大切」

いいことを言ってると共感しました。トカナの全てのライターたちがこの精神で記事を書いてほしいと思います。
大部分のライターは「定説を否定し、ひとつの可能性だけでトンデモ説を拡散する」人たちですから。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。