>  >  > 宮根誠司、スタッフも呆れる勘違い発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

宮根誠司

MIYANESEIJI.jpg
画像は、宮根誠司オフィシャルブログより

 人気司会者・宮根誠司の“勘違い発言”に批判が上がっている。19日の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」でのこと。この日出演した芸能レポーターの井上公造氏が、アダルトビデオ出演騒動渦中のタレント・坂口杏里の借金額について「大体2000万円」と断言し、事務所の先輩でタレントの重盛さと美が「自分の貯金を切り崩して(坂口に)500万円貸そうとしたんです」と新事実を明かしたところ、宮根は次のように持論を展開した。

「杏里ちゃんもこれからはホストクラブに行く前にお金持ちの人を見つけて払ってもらうシステム作ってから行くようにしないと。あたかも自分のお金で飲むようなふりして、お金持ちの人に払ってもらうのが芸能人じゃないですか。芸能人や野球選手にはタニマチというシステムがあったんだから」

 数年前まで関西の一介のキャスターだった男が、芸能界のタニマチシステムを公共の電波を使って我が物顔で語ることに違和感を禁じ得ない。

 週刊誌デスクは「相撲や歌舞伎の世界ではタニマチや贔屓筋の存在は伝統の一部だが、芸能界の場合は毛色が違う。女性タレントの場合は金銭的な援助を受ける代わりに、愛人契約を強要されることもある。そうした事情を知った上で、宮根さんも話しているのだからタチが悪い」と指摘する。

 裏を返せば、宮根はそうした“タニマチ外交”にせっせと励み、ここまで成り上がったと言っても過言ではない。所属事務所は「芸能界のドン」ことS社長が“後見人”となっており「宮根はしょっちゅう社長と食事やゴルフに出掛け、親睦を深めている。社長も宮根のことは大のお気に入り」(スポーツ紙記者)という。

 かつて宮根に隠し子が判明した時も、S社長の号令で御用マスコミが最大限の配慮をし、大スキャンダルに発展することはなかった。

関連キーワード

コメント

6:匿名2017年2月10日 19:19 | 返信

関西のバジェットがめっちゃ安いってのは、他のアナウンサーもネタに
してるし、おもろないもんをおもろいフリするもおらへんしなー。

東京はなんでも台本通りで文句言わへんのやろ?
そやからおもろないねん。

5:匿名2016年10月 1日 01:16 | 返信

みのもんた化 してきたな

4:匿名2016年9月22日 20:27 | 返信

ミヤネの専門家への質問は知能指数低すぎ。
さっき説明された事を平気で聞くし、まだ話してるのに大声で持論を述べて遮るし、見ててイライラする。

3:匿名2016年9月21日 18:42 | 返信

 島根出身。

 江角マキコといい、ヤヴァい奴が多すぎる島根県は。

2:匿名2016年9月21日 17:04 | 返信

最初から売れてないと思うが
宮根は人気あると思えない
人の話聞いてないし
それならゲストに話降るなってな

ただのゴリ押しでここまできたんでしょ

1:匿名2016年9月21日 15:25 | 返信

バーニング社長の周防郁雄が死んだら宮根誠司は終わりでしょう。
関係者から嫌われ仕事干されて、しくじり先生に出演か引退でしょう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。