• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

,

韓国

shikajima.jpg
イメージ画像(足成より)

【日刊サイゾーより】

 韓国・全羅南道(チョルラナムド)にある島・小鹿島(ソロット)。小鹿のような形をしていることから、そう名付けられた島には、1990年代中盤まで、思わず目を覆いたくなるような残酷な歴史の痕跡が残っていたという。韓国のテレビ局・SBSは、島民などに聞き込み取材を敢行。その惨劇の全貌が明らかになった。

 現在、小鹿島の中央には車では近づくことができない「制限区域」があるのだが、その区域内に、木々に囲まれた、赤いレンガ造りの施設がひっそりと佇んでいる。施設内部には、手術台といくつかの棚、またボロボロになった担架が残っている。一見、廃病院のようにも見えるが、島民によれば、この施設は実際に「人間を解剖するために使われていた」という。同施設をめぐっては、島に古くから住む島民たちから、次のような証言も飛び出している。

「ホルマリン漬けにされた人の臓器が、棚いっぱいに並んでいた」
「生首が置いてあった」
「髪の生えた胎児の死体が、10体以上瓶に詰められ、放置されていた」
「(島の)村で誰かが死ぬと、そこに死体が運ばれていった」
「死体は、大きな釜でゆでられることもあった」

 なお、島民の証言には共通点がある。それら人間の死体や臓器の入った瓶が、「20年ほど前に忽然と姿を消した」というのだ。どこの国にもある、都市伝説かと思いきや、そうではない。なんと、このウワサの証拠を握る男性が現れたのである。男性は過去にその赤レンガの施設に忍び込み、内部の様子をカメラに収めていた。

「小さい頃からその施設の存在を知っていましたが、大人になって事の重大さに気づき、写真に残そうと考えました。撮影後、瓶を開けて、(慰霊のために)胎児の死体をなでました。私には、それくらいしか、彼らにしてあげられることがなかったので……」(男性)

 男性の証言によると、14の瓶の中には、胎児が積み重なるように詰め込まれたものもあったという。「何かの研究目的だったとしても、もっとしっかりと保存するはず。それなのに、無造作に突っ込むような形で保存されていました」(同)。

 その後の調べで、この施設の設立理由が明らかになった。施設は、ハンセン病患者の手術を行ったり、死後には、その死体を解剖・研究する目的で使用されていたという。そもそも、小鹿島自体が、ハンセン病患者を隔離するための島だったのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。