>  >  > 【心霊動画】愛犬の霊が家を爆走、号泣必至

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

アメリカ

,

安楽死

,

幽霊

,

心霊動画

,

 認知科学者の苫米地英人氏は以前、「人間の霊ばかりで大腸菌の霊がいないなんておかしい」と発言し物議を醸したが、大腸菌の霊は未発見であるとしても、どうやら犬の霊ならば存在するかもしれない。

 今月20日、英「Mirror」紙が、アメリカの家庭で死んだはずの飼い犬の姿がカメラにおさめられたと報じている。

 米ノースカロライナ州に住むキンバリー・パースさん(40)は、1週間ほど前に愛犬のサディー(コッカー・スパニエル)を亡くし悲嘆に暮れていたが、そんな飼い主の姿を哀れに思ったのか、サディーらしき犬がパースさんの目の前にいきなり現れたそうだ。

 それでは問題の映像をご覧頂こう。画像では分かりにくいので、動画での視聴を強く勧める。

動画は「YouTube」より引用
ghostdog_01.jpg
画像は「YouTube」より引用
ghostdog_04.jpg
画像は「YouTube」より引用

 最初に映像に写っているのはパースさんの飼い犬であるゴールデン・レトリーバーのロスコと、パースさんの夫が連れてきたベラ。ここまでは、なにげない日常の風景だ。しかし、2匹がカメラの外に見切れると同時に、床の換気口から半透明の物体がカメラの方へ爆走してくるではないか! たしかにサイズや形、走り方は犬にそっくりだ。

 パースさんは12歳で亡くなったサディが会いに来たと信じているようだ。

「白とキャラメル色の毛が見えるでしょ。私のサディに間違いありません」
「ビデオを撮っていたのは昼食時でした。車も通っていなかったので、カーミラーの反射だとは考えられません。鳥もいませんでした」
「以前は幽霊なんて信じていませんでしたが、今は違います」

 パースさんによると、撮影時にはサディの存在に気付かなかったという。撮影から数日後に友人とともに映像を見ていたときに初めて分かったそうだ。

「すぐにサディだと分かりました」
「その時はとてもショックで、外に飛び出して泣き崩れてしまいましたが、すぐに笑顔に戻りました。サディが死んでからずっと彼女のことを思っていましたから」

 パースさんがサディに違いないと思うのも無理はない。なんと、亡くなったはずのサディと以前にも会話をしたことがあるというのだ。

「おかしいと思うかもしれませんが、サディが亡くなってから2日後に30分も彼女と会話をしたんです」

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年9月25日 11:38 | 返信

その後を追っかけてくる黒い小犬が全てを物語ってるじゃないか。

2:匿名2016年9月24日 03:07 | 返信

残念ながら単なるエンコードのエラーだね

1:匿名2016年9月23日 18:18 | 返信

うちもこの間、16才の愛犬を老衰で亡くしたんだが
亡くなって2ヶ月間くらいかな?
まだ側に居てくれてるんだなと感じる不思議な出来事がたくさんあった。
居てくれてるのを感じるのは凄く嬉しいんだけど、側に居るのに、目で見て触れられない‥抱きしめられない‥って状態が切なくてしばらく辛かったなー。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。