>  >  > <動物虐待>は殺人や強姦の予兆!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

new_animalnurder0923.jpg
動物虐待が凶悪犯罪の予兆? shutterstock.com

 動物愛護週間(9月20〜26日)だ。動物愛護の対極にあるのが動物虐待。愛護動物を虐待したり捨て(遺棄)たりすることは犯罪であり、違反すると「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)」の第44条によって、以下のような懲役や罰金に処される。

●愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者→2年以下の懲役または200万円以下の罰金
●愛護動物に対し、みだりに餌や水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者→100万円以下の罰金
●愛護動物を遺棄した者→100万円以下の罰金

 ちなみに「愛護動物」とは「1:牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる」「2:その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの」のことである。

FBIが動物虐待を犯罪データベースで活用

 今年1月、アメリカ連邦捜査局(FBI)は、動物虐待の取締りを強化し、軽犯罪から重犯罪にレベルを引き上げるとともに、犯罪データベースで扱うようになった。

 同じくテネシー州では、動物虐待で刑事事件の有罪判決を受けた者は、ウェブサイトで顔写真入りの個人情報を公開。ニュージャージー州、ニューヨーク州、ペンシルバニア州などでも、同様の法案の策定が始まっている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。