>  > 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

せむし男

,

天野ミチヒロ

,

封印映画

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

0925semushi_01.jpg
※イメージ画像:『ノートルダムのせむし男』

『怪談 せむし男』
1965年・東映
監督/佐藤肇
脚本/高岩肇
出演/西村晃、楠郁子、北村和夫ほか

 国内外を問わず、かつて怪奇映画には「せむし男」というキャラクターが頻繁に登場していた。もちろんモトネタは、『レ・ミゼラブル』で有名なヴィクトル・ユーゴー原作『ノートルダムのせむし男』の主人公・カジモドだ。だがホラーにおけるせむし男はユーゴーの文芸的テーマとは異なり、マッドサイエンシストやドラキュラの下僕、あるいは異形のモンスターとして扱われることが多い。

 日本では1965年8月に夏休み納涼映画として『怪談せむし男』が公開されたのだが、この時、せむし男に扮したのは、なんとテレビ版『水戸黄門』の二代目光圀公を演じた西村晃。それが、この作品を一層カルトな存在にしている。

■『怪談せむし男』あらすじ

 会社社長の宗方信一は、別荘で愛人の秘書が変死したショックにより発狂し、父親の圭介(北村和夫)が経営する精神病院に入院。その後、死亡した。だが社長夫人の芳江(楠侑子)が遺体安置所に行くと、なぜか棺の中の夫は両目を見開き白菊をくわえている。そのまま蓋を閉じられ火葬される遺体(そんなバカな)。その時、いきなり炎の中から遺体が奇声を上げて起き上がりタイトルが浮かび上がる。東映らしいケレン味たっぷりな幕開けだ。

 夫の会社は倒産し、愛人と情事をするために買った別荘が、皮肉にも唯一の財産として芳江に残された。芳江が別荘を訪れると、そこはまるで幽霊屋敷のような佇まいの洋館で、元の持ち主・富永男爵に仕えていたせむし男(西村晃)が、そのまま召し使いを務めていた。館内で芳江は突如カラスに襲われるが、それをせむし男が素手で捕まえ瞬殺。不自由そうな体にしては、あり得ない身体能力だ。

 案内された部屋で芳江が休んでいると、突然床に血が滲み、ギシギシと部屋全体が軋む。さらに「うう、わお……」と不気味な男の呻き声。その部屋は、夫の愛人が謎の死を遂げた場所だった。そこへ息子の財産を狙う宗方圭介、助手の山下、看護士の和子が訪れる。当初、芳江が話す怪奇現象を信じなかった彼らだが、次第に館から放たれている妖気を感じ始める。圭介と山下は、せむし男から館に隠された秘密を聞き出そうと激しく詰問するが、何も答えず耐えるせむし男。激しい追及を止めに入ったのは、優しい和子だった。まさに『ノートルダムのせむし男』におけるヒロイン、エスメラルダだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年9月26日 20:21 | 返信

小人への言及は割とあるけど、「せむし男」に着目するのはあまりない視点だと思う。
後編にも期待。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?