>  >  > 島崎遥香のセンター&卒業は運営側の生贄か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

AKB48

,

ももクロ

,

島崎遥香

,

指原莉乃

,

秋元康

paruru.jpg
画像は、「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい(劇場盤)」(キングレコード)

 いまや、日本のCD販売において上位のほとんどを占めるのがAKB48グループとジャニーズだ。ジャニーズに関しては、複数枚買わせるためにバージョン違いなどの販売方法を行ってはいるものの、AKB48ほど売上枚数とファンの数の乖離は大きくない。

「AKB48ファンの実数は10万人以下といわれています。というのも、イベント参加券をつけずに販売しているももいろクローバーZがシングルを出した際の売上が10万枚程度に留まっています。バージョン違いのリリースで、この数字です。そのももクロは今年、日産スタジアムで2日間のドームツアーを敢行して成功させましたが、いまやAKB48ではグループ総勢で挑んでも東京ドームを埋めるのもやっとだといわれています。そう考えれば、うなずける数字でしょう。

 AKB48のファンたちは、もちろん握手のために複数枚購入するわけですが、平均で1人が10枚以上は買うといわれていますし、やはり10万人以下のファンというのは妥当なラインでしょう」(音楽関係者談)

 もはや、AKB48が100万枚を売ったといわれたところで、それが何の意味もない数字だということは音楽関係者、芸能関係者のみならず一般人でも知っている。そもそも、地方の48グループは、握手券付きながら50万枚にも届かず、姉妹グループとも捉えられる46がつく乃木坂、欅坂も売上が伸びているとはいえ100万枚には届かない現状だ。

「もともと秋元康からの指示もあり、100万枚をキープするためにさまざまな方策を立てるよう、レコード会社であるキングレコードは求められています。それが、AKB48に各地方グループの握手会の人気メンバーを強引に集められる『選抜』の発想、そして総選挙をはじめとするさまざまなイベントの特典をつける商法につながっているのです。

 しかし、もう限界が見えてきていて、指原莉乃がセンターの総選挙楽曲である『LOVE TRIP』をもってしても117万枚と頭打ち。通常のシングルでは100万枚未達が現実味を帯びてきた。そんな折、間髪入れずに島崎遥香をセンターに据えて発売される11月16日のニューシングルは、100万枚超えが相当厳しいと関係者の間では話題となっているんです。

 その証拠に、AKB48を初期から追っている子飼いの日刊スポーツが、独占という形で島崎遥香の卒業を報道。しかも、後にセンター曲となるシングル発売で花道を飾ると書いたんです」(芸能プロダクション関係者談)

 内部リークと思われる日刊スポーツの報道と100万枚未達に、どんな関係があるのか?

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年10月 4日 14:53 | 返信

何で乃木坂と欅坂まで勝手に巻き込まれてるんですかねぇ
そもそも別グループだし、売上に繋がるCDの特典内容もメンバー数もAKBとは大きく異なる
乃木坂に至っては今年のライブツアーで約20万人を動員してる

2:匿名2016年10月 4日 14:31 | 返信

AKB48だけじゃなく地方48グループも握手会やその他特典イベントに参加させての100万枚
つまり、AKB48のシングルはAKB48だけで売ってるわけじゃない

1:匿名2016年10月 4日 13:09 | 返信

また妄想で記事書いてるのかw
こりないねえ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。