• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

SMAP

,

TBS

,

テレビ局

,

番組

,

解散

0927smap_01.jpg
※画像:SMAP

 SMAP解散はあらゆる業界に影響を与えているが、中でも大きく翻弄されているのは、やはりテレビ業界だ。特にSMAPメンバーが個々に出演しているレギュラー番組のスタッフは、つらい立場に置かれているそうだ。

 その原因は、番組のタイトルにあるという。番組関係者が話を聞かせてくれた。

「SMAPメンバーが出ている番組はご存じのようにSMAPをモジったり、その一部を使ったタイトルが多いです。たとえば『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)や『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)です。しかし、これらの番組タイトルをSMAP解散後に変えるべきなのか、それとも維持するのか、この点は今もそれぞれの番組スタッフが頭を抱えているんです」(番組制作会社スタッフ)

 たしかに解散する以上SMAPの冠番組となる現状のタイトルは変更するのが通常といえる。しかし、それぞれの番組には変えたくない事情があるという。

「何よりも大きいのは認知度です。現在のタイトルで世の中に知れ渡っていますので、タイトルを変えると視聴率に悪影響を与える可能性があるといわれています。それなら認知されている現状のままいきたいというのが本音です。また、番組グッズやホームページ、スタッフ名刺の作り直しには、コストもかかりますので、この点も痛いんです」(同)

 視聴率とコストの事情からタイトルは現状維持の方向で考えたいという番組が多いらしい。そんな中、先手を打ったのが『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)だという。

関連キーワード

SMAP
TBS

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。