• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

吉沢ひかる

,

浜崎あゆみ

0928hamaayu_01.jpg
※イメージ画像:『MADE IN JAPAN』

 2014年に10歳下の米国人男性と結婚した浜崎あゆみが9月11日にファンクラブ限定ブログで離婚する意向であることを報告した。2011年にも1年あまりオーストリア人男性と結婚・離婚した経緯がある浜崎にとっては2度目の発表となった。だが、この話題についてのマスコミ報道の扱い方に、当の本人がおかんむりだという。

「浜崎あゆみと言えば、かつてはエイベックスの売上の5割をひとりで稼いでいたほどのアーティストです。しかし、それも昔の話となり、今はCDの売上はもちろん、ライブの集客も厳しい状況が続いており、おのずと露出も減っています。そのため、プライベートの切り売りのようなことをして話題を作っているわけですが、今回、離婚という人生における大きな話題を提供したのに、メディアの扱い量が少ないと怒っているそうです」(音楽番組関係者)

 離婚の話題そのものは即座に各新聞やネットニュースで記事化され、各テレビ局のワイドショー番組でも扱われた。これのどこが不満だというのか。

「たしかにあらゆる媒体で扱われましたが、記事が小さかったり、テレビもあまり時間を割かなかったりで、本人としては納得がいっていないそうです。ワイドショーはトップニュースで扱うはず、という思惑が本人サイドにあったみたいで、期待を裏切られて怒ったそうですよ」(同)

 話題作りのために発表したのであれば、その気持ちもわからなくはないが、現在の浜崎あゆみには、それだけのネームバリューがないからではないか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。