>  >  > 80歳の姿で生まれるリアル「ベンジャミン・バトン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 トカナでは、今までも「プロジェリア症候群(早老症)」患者の話題をたびたびお届けしてきた。そして先月末、またもやプロジェリアの患者がバングラデシュで誕生したというニュースが飛び込んできた。それも、以前お伝えしたばかりのバヤジット・ホサイン君と同じ、バングラデシュのマグラ県にだ。(参考:4歳なのに80歳の風貌! 差別と貧困に喘ぐリアル「ベンジャミン・バトン」の過酷な人生

 今回の男の子は、9月末にバングラデシュの首都であるダッカから176キロ離れた村で誕生したのだが、医者は新生児を見て凍りついた。なぜなら、男の子の顔はしわしわで、虚ろな目をし、体は縮こまったまま。さらに頭と体には、真っ黒な毛がふさふさと生えていたのだ。

babywiththickhair1.JPG
Daily Mail」の記事より
babywiththickhair2.JPG
背中にも生える真黒な体毛 「Daily Mail」の記事より

■プロジェリア症候群とは?

 プロジェリア症候群は、人間の身体を通常より早いスピードで老化させる病気で、患者の平均寿命は13歳といわれている。患者の染色体上にある遺伝子が、わずかに1個入れ替わることで核膜に異常を来たし、老化を促進し病気を発症すると考えられている。プロジェリア症候群患者のほとんどは、生まれた時には健康に見えるが、生後1年ほどで病気の兆候が出る。

MUST WATCH! A New Born Baby Looking Like An 80 Year Old Man Full Of Back Hair 動画は「YouTube」より

 両親は男の子の誕生を「奇跡」と感じ、喜びにあふれている。父親のバイスワジット・パトロさんは、「神に感謝するばかりです。私は息子の外見に不満はありません」と力強く語る。

コメント

1:匿名2016年10月 8日 16:02 | 返信

産まれてきた子供に何の罪もない。
頑張って欲しい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。