>  > 【横浜点滴殺人】“女犯人X”の爆弾情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

大口病院

,

点滴

,

神奈川県

,

警察

,

連続殺人

,

遺体

drip_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 一体何が起きているのか――。横浜市神奈川区の大口病院で9月、入院患者の八巻信雄さん(88)と西川惣蔵さん(88)が相次いで亡くなった。当初は病死とされていたが、八巻さんの点滴に異物が混入された疑惑が浮上。その後の調べで、2人の点滴内から消毒液などに使われる有毒の界面活性剤が検出された。さらに7~9月に約50人の患者がこの病院で連続死していたことが発覚。いくら終末期の患者ばかりとはいえ、この数は異常だ。事態は戦後最悪クラスの連続殺人事件に発展する可能性も出てきた。

 当局の捜査によると、未使用の点滴袋約50袋のうち、一部の点滴袋のゴム栓に貼られた保護シールに極小の穴が開いていた。それも栓の中央部ではなく縁付近に注射針を刺し、目立たないように細工してあったことから、犯人は医療従事者かつ内部関係者の線が濃厚だ。

 一方、同病院にはプライバシー保護の観点から防犯カメラが設置されておらず、捜査は難航。「事件当日に怪しい行動を取った人物の特定ができない。問題の点滴袋に犯人の指紋が残っていたとしても、医療従事者ならば触るのは当たり前。有力な証拠にはならない」とは一般紙記者。別の社会部記者も「病院には霊安室がなく、遺体はすぐに身内に引き取られるので、証拠は残らない。防犯カメラも含め、病院内部を知り尽くした人間の犯行だ」と同調する。

――と、ここまでが現在世の中に出ている情報。新聞では「難解な捜査」と伝えられているが、実は現場の雰囲気は違うという。マスコミ関係者が明かした。

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年10月22日 16:04 | 返信

早く捕まえてくださいm(__)m

1:匿名2016年10月 5日 23:46 | 返信

やめてほしいよねこういうの

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。